質問

CRX2.2 に CRX2.0/2.1 リポジトリをアップグレードした後、新しい共有なしのクラスター化 [1] モードにアップグレードするにはどのようにすればできますか?

回答

下位互換性に関する理由で、CRX2.2 へのアップグレードプロセスにより前のリポジトリのレイアウトが変更されることはありません。

  • アップグレードされた CRX2.2 インスタンスは引き続き共有ディレクトリ(ローカルコピー + 共有永続化)を基準にして、前の設定されたクラスター化モードで実行します
  • Jackrabbit FileJournal [2]
  • Jackrabbit FileDataStore [3]

新しい共有なしモードでは、クラスター内のすべてのノード(例えば、NFS を使用)にアクセス可能である必要がある共有フォルダーの必要性が基本的に削除されます。代わりに、3 つの主要なストレージ領域はすべて、各クラスターノードにローカルで保存されます。同期はネットワーク上で完全に行われます。

  1. ワークスペース(TarPM)
  2. データストア
  3. ジャーナル

共有なしのクラスター化モードにアップグレードするには、次の手順が必要です。

  • アップグレード自体が正常に実行され、その後リポジトリがアクセス可能であることを確認します
  • クラスター内で複数の CQ/CRX インスタンスを実行する場合は、すべてのクラスターノードが同期していることを確認します
  • 停止(すべてのクラスター)インスタンス
  • バックアップインスタンス

次に、repository.xml 設定は、データストアとジャーナルの両方に新しいクラスを使用するように適合させる必要があります。

    <DataStore class="com.day.crx.core.data.ClusterDataStore"/>
    ...
    <Cluster>
        <Journal class="com.day.crx.persistence.tar.TarJournal"/>
    </Cluster>

共有なしモードで使用されるデータを再度整理するために FS レベルで次の操作を実行します。

  • すべてのファイルを crx-quickstart/repository/workspaces/crx.default/copy から crx-quickstart/repository/workspaces/crx.default に移動します(すべてのワークスペースでこの操作を行います)
  • すべてのファイルを crx-quickstart/repository/version/copy から crx-quickstart/repository/version に移動します
  • フォルダー crx-quickstart/repository/shared/repository/datastore
    crx-quickstart/repository/repository/datastore に移動します
  • すべてのファイルを crx-quickstart/repository/shared/namespaces から
    crx-quickstart/repository/repository/namespaces に移動します
  • すべてのファイルを crx-quickstart/repository/shared/nodetypes から
    crx-quickstart/repository/repository/nodetypes に移動します
  • ファイル crx-quickstart/repository/revision.log を削除します
  • ディレクトリ crx-quickstart/repository/shared を削除します
  • インスタンスを起動します

適用対象

CRX 2.2

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー