問題点

ワークフローは一部のペイロードに対して実行され、一部のプロセスでは、「WorkflowAborted」と停止します。

環境

AEM 6.x

原因

WCM 機能があり、アクティブ化されたパスと一致するペイロードを使用してワークロードを自動的に終了します。

公開ページなどのペイロードがある場合は、ワークフローが中止されます。 

そうでなければ、ワークフローに複数のステップがあり、それらのステップのいずれかが、公開/アクティブ手俊である場合、ワークフローは公開/アクティブ手順が実行されるまで続き、次の手順が終了します。

解決策

この機能はオプションです。

それを無効にするには、次の手順を実行します。

  1.  
    http://aem-host:port/system/console/configMgr/com.day.cq.wcm.workflow.impl.WcmWorkflowServiceImpl. に移動します。
  2. 終了をクリアにします。activateチェックボックス/etc/workflow/models/ などの中止除外リストまたはモデル名を追加するcustommodelname/jcr: content/model
  3. 保存」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー