問題点

URL のほとんどが一意であるため、ズーム要求がうまくキャッシュされない可能性はありますか?

解決策

顧客がサイトのズーム画像にアクセスするとき、ビューアの最初のリクエストはコンテキスト要求です。これは、元サーバーに対する軽量でキャッシュ不可能なリクエストです。基本的に、Image Server はズームされる画像だけに関連付けられている一意の ID を使用して応答します。画像が変更されると、ID も変更されます。

コンテキストを受信すると、ビューアはコンテキスト ID を引数の 1 つとして使用し、繰り返し可能な要求を行います。ビュアーは必要な一連のタイルを要求するので、繰り返し可能です。同じ画像を別の顧客が拡大すると、同じ要求をする場合があります。画像にパンニングがある場合でも、ビューアが要求する数には限りがあります。これらのリクエストはすべて、CDN プロバイダーによってキャッシュ可能です。

2 人のユーザーが同じ画像をパンニングした要求を見てみると、要求の数が同じであることが分かります。ビューアは、大きな繰り返し可能領域を要求します。

ホストされた環境では、Adobe のコンテンツ配信ネットワークプロバイダーがトラフィックの 90 %以上を提供します

e-catalog ビューアは、すべてのマップリクエストに固有の ID を追加します。したがって、画像マップに対する更新には、Akamai キャッシュをクリアする必要はありません。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー