問題点

Digimarc コードを含む画像がいくつかあります。Scene7 Publishing System(SPS)に Digimarc 異なるコードを使用しようとしています。Image Server がリクエストしたときにどのコードが表示されますか?

解決策

アドビの QA チームは、この問題について最近テストを行いました。 Photoshop で確認された Digimarc ID を使用して、画像のテストが試行されました。その後、異なる有効な DigiMarcID を参照するようにテストカンパニーを設定します。次に、画像をカンパニーにアップロードして公開しました。ジョブログにアップロードまたは警告がありませんでした。

次に、イメージサーバーからイメージをフルサイズよりも小さくして、応答をローカルに保存します。 画像を Photoshop で開いて、Digimarc プラグインを使用して埋め込み透かしを読み取ると、テストカンパニーからの ID が表示されます。マスター画像から元の ID が表示されませんでした。

画像がフルサイズで保存されると(?scl=1)、元の Digimarc ID が維持されます。このため、Image Server の画像をより小さいサイズに再サンプルする動作は、元の画像を「破壊」して、新たな画像を適用するのに十分です。

集計:Digimark が提供するライブラリにはこの関数が含まれます;Scene7 が制御するコードではありません。

画像が変更されると、ライブラリは透かしを認識しにくくなります。ある時点で、その散財を認識できなくなります。ライブラリは既に透かしを入れた画像には透かしを入れません。一部の画像の元の透かしが得られます。他にも、十分な編集が行われた場合に新しい透かしが得られます。この問題は、「十分な編集」を事前に定義することができないことです。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー