シャープのドキュメント

 

Scene7 Publishing System(SPS)のヘルプでシャープに関する次のドキュメントを参照してください。Scene7 で、ヘルプ/ヘルプコンテンツ/マスターファイル/画像のシャープをクリックします。

http://help.adobe.com/ja_JP/scene7/using/WS389B162D-2981-41e5-9253-15D22D2ECBC8.html

次のベストプラクティス PDF も参照してください。

https://marketing.adobe.com/resources/help/en_US/s7/sharpening/s7_sharpening_images.pdf

シャープとレイヤー化された画像

現在、すべてのシャープパラメーター(op_sharpen、resmode、op_usm)が特定のレイヤー引数として適用されます。デフォルトでは、シャープ引数の前に layer=comp 引数が含まれていない限り、シャープ引数は以前参照されたレイヤーコンテンツにのみ適用されます。

全体的にレイヤー化されたまたはテンプレート画像に適用するシャープ引数(または画像形式に含まれるシャープパラメーター)では、シャープパラメーター参照を先頭に指定します。または、layer=comp を使用して画像形式の参照を先頭に指定します。

画像がシャープすぎるとエッジとエイリアシングがギザギザになる

シャープを適用すればするほど、常にエイリアシングが追加されます。他のシャープオプションを試したり、シャープ引数を減らしたりして、これに対処します。シャープが多すぎるとエイリアシングが発生します。

詳しくは、SPS のヘルプを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー