Responsive Web デザイン(多くの場合は RWD)は、最適な表示エクスペリエンスを提供するために、サイトの構築に役立つ Web デザインアプローチです。サイズ変更、パン、スクロールを簡単に行うことができます(デスクトップコンピューターのモニターから携帯電話のモニターまで)。

Web サイトにアクセスするハードウェアデバイスが急激に普及しているからです。画面サイズと特性が異なる、数百種類のスマートフォン、タブレット、コンピューターがあります。

単純な用語では、responsive Web デザインでは「media queries」を使用して、配信されるデバイスの解像度を示します。柔軟な画像と可変グリッドのサイズが画面に合わせて正しく調整されます。また、デバイス検出を有効にして、例えば swiping を有効にすることもできます。

最終的な目的は Web サイトを一度構築することです。また、これが正常に完了すると、何千もの画面がシームレスに表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー