Scene7 には、「静的」コンテンツとして提供する多数のファイル形式がサポートされています。つまり、コンテンツは Image Server によって変更されないということです。

最新の形式のリストについては、以下を参照してください。

http://help.adobe.com/ja_JP/scene7/using/WSb4ebdaf45a3bdad4-ac96fef12219036a10-8000.html#WSd968ca97cf01cf72-5eedd3a113368dc80f5-8000

このコンテンツは、url 構造を介して提供できます。

http(s)://domain/is/content/SPSName/assetID