エンコード/トランスコード

ファイルのエンコードは、劣化なし、生の非圧縮形式(WAV など)から非可逆によってコード化されるビットストリーム形式(MP4 など)にします。

ファイルのトランスコードは、1 つの非可逆形式から別の形式(FLV 形式から mP4 など)にします。また、同じ形式でも、解像度、ビットレートなどは異なります。

ビデオ制作装置とビデオ編集ソフトウェアで作成されたマスタービデオファイルは、多くの場合、大きすぎるため、オンラインの出力先に配信するための適切な形式ではありません。

様々な画面で再生するためにデジタルビデオを適切な形式と仕様に変換するには、ビデオファイルをエンコードまたはトランスコードします。

エンコードまたはトランスコード処理中に、ビデオは Web やモバイルデバイスへの配信に最適な、より小さい、効率的なファイルサイズに圧縮されます。

ビデオファイル形式

ZIP ファイルと同様に、ビデオファイル形式によって、ビデオファイルでのファイルの保存方法が決まります。これは、コンテナファイルです。

通常、ビデオファイルには、相関および同期されたビデオトラック(オーディオなし)と 1 つ以上のオーディオトラック(ビデオなし)の複数のトラックが含まれます。

ビデオファイル形式によって、これらの異なるデータトラックとメタデータがどのように整理されるかが決まります。

ビデオファイル形式の例としては、MPEG、mpg、mov、mxf、wmv、avi などがあります。

ビデオコーデック(コード/デコード)

ファイル形式だけでは、ビデオの配信方法やエンコード方法のみを決定できません。

ビデオコーデックは、ビデオがエンコードされるアルゴリズムを示します。

ビデオプレーヤーは、コーデックに従ってビデオをデコードし、一連の画像またはフレームを画面に表示します。

コーデックはビデオを保存して再生するために必要な情報ビデオファイルの量を最小限に抑えます。

各フレームに関する情報の代わりに、1 つのフレームと次のフレームの違いに関する情報のみが保存されます。

ほとんどのビデオは 1 つのフレームから次のフレームにほとんど変更されないため、圧縮率が高いと、ファイルサイズが小さくなります。

一般的なコーデックには、H.264(MPEG-4/AVC、標準規格)、On2 VP6(Google による買収。劣化版)、Sorenson Media Spark H.263 が含まれています。

H.264 圧縮は通常 4:1 です。

解決策

ビデオの高さと幅(ピクセル単位)です。ほとんどのソースビデオが 1920x1080 などの高い解像度で保存されますが、ストリーミング(通常は 640 x 480 より小さい)に対してはより小さい解像度にダウンサンプルされます。

トランスコード中は、通常、解像度がダウンサンプルされます。

解像度を倍にすると、サイズが 4 倍増加します。

ユーザーの帯域幅を基にしたマルチビットレートでは、解像度をより高く、より低くすることができます。

多くの場合、ユーザーは高さまたはより小さいディメンションを取ります。1080p など。実際には 1920 x 1080 になります。

縦横比

ビデオの幅と高さの比率です。一般的な 2 つの縦横比 4:3 および 16:9。

  • 4:3(1.33:1)- ほとんどすべての標準解像度のテレビ放送コンテンツで使用されます。
  • 16:9(1.78:1)- ほどんどすべてのワイドスクリーンおよび高解像度のテレビコンテンツ(HDTV)やムービーに使用されます。

ほとんどのクライアントは 4:3(640x480)を使用します

ビデオビットレート/日付レート

再生におけるビデオの 1 秒間を作成するためにエンコードされるデータ量(キロビット/ 秒)

ビデオビットレートが高いほど、ビデオの品質が高くなります。

フレームレート

1 秒あたりのフレーム数(fps)

ビデオの 1 秒あたりのフレーム数または静止画数

一般に、北米の TV(NTSC)は 29.97 fps でブロードキャストされます。

ヨーロッパおよびアジアの TV(PAL)は 25 fps でブロードキャストされ、ムービーは 23.976 または 24 fps でブロードキャストされます。

ストリーミング

無制限の帯域幅:追加の表示では減速しない

コンテンツが保護されています(Scene がこの特性を活用していません)

大きなファイルへのシークをサポート

RAM を使用してビデオを配信

動的クライアント側のバッファー

ライブビデオブロードキャストをサポート

モバイルサポートの向上

プログレッシブダウンロード

古い。現在使用することはほとんどない

サーバー&クライアントでより広い帯域幅を使用

ファイル保護なし

大きなファイルへのシークなし

ビデオエクスペリエンスへのインサイトなし

ビデオ配信のディスクに依存

バッファー管理なし

ライブイベントのサポートなし

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー