メディアカートの問題、SPS/Media Portal の書き出し、SPS デスクトップダウンロードに関するよくある質問への回答を検索します。

一括で書き出すオプションは何がありますか?

SPS を使用して最大 1GB/500 ファイルを書き出すことができます。フルアカウントバックアップについての質問については、Scene7 テクニカルサポートまでお問い合わせください。

「オリジナルを書き出す」を使用して書き出したファイルと、元のファイルに違いはありますか?

「オリジナルを書き出す」を使用して書き出したファイルと、元のファイルの間に違いはありません。Scene7 では、抽出されたファイル名に元のファイルを格納し、元の名前で書き出すときにコピーを作成します。アップロードされたファイルと同じです。

多数のファイルを書き出すとき、エラー「最大 ZIP ファイルサイズ 1 GB を超えました」が表示される理由は何ですか?

1 GB のしきい値に達したあと、書き出しにさらにアイテムを追加しようとすると、ジョブログにこのエラーが表示されます。

Media Portal の書き出しの最大 ZIP ファイルサイズは?

1- GB のしきい値に達した場合、または 500 個のファイルを選択した場合は、ファイルを追加することはできません。

書き出しの最大サイズと数の制限は、派生画像に加えて、マスター画像にも適用されます。詳細については、以下を参照してください。

http://help.adobe.com/ja_JP/scene7/using/WSb6fcde95647ddd92-4f4373d8126675981f2-7fff.html

Media Portal ユーザーは元のアセットをダウンロードできない、または Media Portal ユーザーは PDF を元のファイルとしてダウンロードできません。これはなぜですか?

SPS の書き出しオプションについて説明する、次のヘルプ記事を参照してください。「オリジナルを書き出す」を有効にすると、ユーザーは元のファイルを書き出すことができます。

http://help.adobe.com/ja_JP/scene7/using/WSb6fcde95647ddd92-4f4373d8126675981f2-7fff.html

アセットが Scene7 に読み込まれ、Scene7 で名前を変更された場合、画像がダウンロードされた際のファイル名は何になりますか?

以前のバージョンでは、アセット ID の名前を変更すると、アセットのファイル名が変更されました。2011 年 9 月以降に名前が変更されたアセットは、書き出し時に名前が更新されています。古いアセットの名前を変更することができます。書き出すと、名前が変更されます。

書き出し中に、選択解除されたプリセットのオプションが表示されるのはなぜですか?

プリセットの横にある「アクティブ」チェックボックスの選択を解除すると、Media Portal ユーザーに対してのみ削除され、他のユーザーの役割では削除されません。Media Portal ユーザーではないため、プリセットが表示されます。

画像の書き出し中に、「サイズ=その他」オプションを選択できないのはなぜですか?

この問題を解決するには、アカウントの会社管理者が「ユーザー定義変換を有効にする」オプションを選択してください。設定/画像プリセットを選択して、このオプションにアクセスします。

「ユーザー定義変換を有効にする」オプションが使用できない場合は、個人設定の「MediaPortal 機能を表示」が選択されていることを確認します。

書き出しリンクの有効期限はいつまでですか?

書き出しリンクは、生成後 1 週間まで有効です。この期間が過ぎると、リンクは何もダウンロードせずに空のページを返します。

このアクティブ期間は、設定できません。

メディアカートはどこに保存されていますか?

メディアカートはローカルのフラッシュキャッシュに保存されます。SPS は、メディアカートに追加できる
最大のアセットを制限しませんが、Flash ランタイムによって制御されます。
そのキャッシュに多くのエントリがある場合、メディアカートが自動的にクリーンアップされることがあります。

式の Flash ランタイムヘルプから、次の説明を検索します。

http://help.adobe.com/ja_JP/FlashPlatform/reference/actionscript/3/flash/net/SharedObject.html

「ローカルディスク領域に関する考慮事項。ローカル共有オブジェクトには、アプリケーションを設計する際に考慮すべきいくつかの制限があります。
SWF ファイルにローカル共有オブジェクトの書き込みが許可されていないことがあります。ローカル共有オブジェクトに保存されているデータが、いつの間にか削除される場合があります。Flash Player ユーザーは、個々のドメインまたはすべてのドメインで使用できるディスク領域を管理できます。ユーザーが使用可能なディスク領域を減らすと、一部のローカル共有オブジェクトを削除できます。
Flash Player ユーザーは、サードパーティーのドメイン(現在のブラウザーのアドレスバーにあるドメイン以外のドメイン)がローカル共有オブジェクトの読み取りまたは書き込みをすることを防止するプライバシーコントロール機能を持ちます。Mac OS では、AIR 3.3 以降、ローカル共有オブジェクトの場所が変更されたため、3.3 名前空間にアップグレードすると、オブジェクトが失われたようになります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー