このドキュメントでは、メタデータサーバー、ユーザー定義フィールドなど、メタデータに関する問題を説明します。

SPS からメタデータを書き出すにはどうすればよいですか?特定の画像のメタデータのみを書き出す方法はありますか?

詳細検索に移動し、パラメーターを選択、そして検索結果を生成します。

または、フォルダーを参照します。Ctrl キーまたは Shift キーを押しながら、希望するアイテムを選択します。次に、ファイル/メタデータの取り込みを選択します。出力の種類(通常はデフォルトのみです)を選択し、「生成」をクリックします。

選択したアイテムのメタデータとウィンドウが新規に開かれ、ローカルファイルにコピー&ペーストができます。

画像アセットの XMP メタデータを読み込むにはどうすればよいですか?

SPS は多数のビルトイン XMP メタデータフィールドに対応しています。XMP メタデータには、EXIF カメラメタデータ(f-stop、シャッター速度)、IPTC メタデータ(ジャーナリストが使用する)、および Dublin Core メタデータ(多くの業界に適用される多目的のメタデータ)など、多くの標準ライブラリが含まれています。

これまでは、これらのフィールドを表示する唯一の方法は、アセットにデータを埋め込んでそれをアップロードし(例えば、Adobe Bridge を使用してデスクトップ上のフィールドを編集する)、SPS の詳細ページに手動で入力するか、あるいはカスタム IPS Web サービス API アプリケーションを作成することでした。従来のユーザー定義フィールド(UDF)とは異なり、XMP メタデータは、メタデータのアップロードジョブを作成できなかった。

が、SPS 6では、XMP メタデータはメタデータをアップロードを介して読み込むことができます。プロセスのキーは、フィールドに正しく名前を付けることです。XMP メタデータのプロパティには、(プロパティ -)名の前に関連する XMP-prefix が必要です。プレフィックスと名前がコロンで区切られます。XMP プロパティ名は、生成ファイル機能には表示されません。

例えば、キーワードの XMP プロパティは、「dc」および「subject」という接頭辞を持つ XMP スキーマ「Dublin Core」です。接頭辞とテクニカル XMP 名は、「dc : subject」フルのプロパティ名に結合されます。XML メタデータ読み込み形式では、「dc.subject」をプロパティ名にする必要があります。タブ区切りの読み込み形式では、列のヘッダーが必要です。

アップロード用のタブ区切りメタデータの例を次に示します。

ipsid dc:subject

img_001 word1,word2

次に、XML の例を示します。

<ips xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/">

<ghw_object vc_objectname="img_001" dc:subject="word1,word2">

</ips>

このファイルを読み込むと、画像 img_001に設定できるキーワードは 2 つあります。word1 と word2 です。

このワークフローの SPS ドキュメントリンク:

http://help.adobe.com/ja_JP/scene7/using/WS259993e42159a215-1c6a66df1265272619e-7fec.html#WS259993e42159a215-1c6a66df1265272619e-7fea

既にアップロード済みの画像に関連するメタデータをアップロードする方法はありますか?

アップロードされたコンテンツとメタデータを関連づけることができます。まず、既存の情報を生成します。詳細検索に移動してパラメーターを選択し、検索結果を生成します。または、フォルダーを参照します。

Ctrl キーを押しながらクリックまたは Shift キーを押しながらクリックします。

次に、ファイル/メタデーの取り込みを選択します。

出力の種類を選択し、「生成」をクリックします。

選択したアイテムのメタデータとウィンドウが新規に開かれ、ローカルファイルにコピー&ペーストができます。

データの入力には時間がかかります。

このヘルプドキュメントは、テンプレート作成の手順を示しています。

http://help.adobe.com/ja_JP/scene7/using/WS259993e42159a215-1c6a66df1265272619e-7fec.html#WSef8d5860223939e2-e32148f12b17c9da22-8000

メタデータを編集すると、これらの指示に従ってメタデータを取り込みます。

http://help.adobe.com/ja_JP/scene7/using/WS259993e42159a215-1c6a66df1265272619e-7fec.html#WS259993e42159a215-1c6a66df1265272619e-7fea

一部の EPS 画像にメタデータが読み込まれないのはなぜですか?

EPS ファイルには、ベクトルファイルとビットマップの 2 種類があります。SPS はベクトル画像をラスタライズし、メタデータを同じように処理しません。ビットマップ EPS ファイルにおいて、プロセスは JPG または PNG などのビットマップ画像と同じです。メタデータのアップロードプロセスは、ラスタライズされた画像あるいは静的コンテンツに動作します。

SPS にアップロードされた一部の画像のみ解像度が設定されているのはなぜですか?

イメージヘッダーの解像度タグによって画像の解像度が決まります。これらのタグがない場合、またはタグが 0 の場合、SPS にアップロードしても解像度フィールドにそれが表示されません。Photoshop にて画像を開き、解像度フィールドが入力されるようにできますが、画像の解像度の設定がない場合は、Photoshop は、解像度が 72 dpi であると表示します。Adobe は Photoshop において、画像が 72 dpi に設定されているか、全く設定されていないかと判断する方法がありません。

PDF および Postscript オプションで設定された解像度を使用できないのはなぜですか?

PDF および Postscript オプションの解像度設定は、PDF や EPS ファイルなどのベクトルベースのファイル形式にのみ使用されます。JPEG や TIFF などの通常のイメージはレンダリングされず、画像自体が解像度を定義します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー