問題点

FXG リクエストをシャープに適用するには?シャープの適用は Adobe Graphics Manager(AGM)でサポートされていますか。

画像サービングおよび AGM リクエストのサポート対象修飾子は次のとおりです。

http://microsite.omniture.com/t2/help/en_US/s7/is_ir_api/index.html#is_api-fxg_server_protocol-FXG_Server_Protocol_Reference

テキストを含む FXG を呼び出すと、AGM は、URL リクエストに適用されたサイズのテキストをできるだけ鮮明にレンダリングします。ただし、要求されたイメージはデフォルトの PPI で戻っている場合が多く、イメージコンテンツがぼやけて見えます。 ビットマップが(例えば)300 PPI にレンダリングされていることを確認して、この URLTo パラメーターを渡すことをお勧めします。

&imageres=300

画像にその解像度が含まれていない場合は、ソースファイルがサポートできるシャープなものとしてのみ表示されます。

その代わりに、IS/image リクエスト内の w2p リクエストを含みます。その後、ラスタライズ出力で IS シャープ適用コマンドを使用できます。ただし、純粋な IS 呼び出し内の FXG をネストすると、ベクトルベースのレンダリングで取得した制度が失われます。また、ネストされた FXG は埋め込み画像になります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー