Fireworks CS4 の 9 スライスの拡大・縮小機能では、ベクターシンボルやビットマップシンボルを幾何学的に拡大・縮小することができます。従来、シンボルの拡大・縮小を行うと、オブジェクト全体が 1 つのまとまりとして拡大・縮小されていたため、一部のオブジェクト、特に角のスタイルが設定された幾何学的形状では、シンボルがやや歪曲して表示されていました。Fireworks CS4 では、シンボルの形状に基づいて、3 つまたは 9 つの領域を使用してシンボルを拡大・縮小できます。

 

 

 

 

シンボルの拡大・縮小

アートワーク上に一連のガイドを配置することで、シンボルの各部をどのように拡大・縮小するかを厳密に指定することが可能です。9 つの領域はそれぞれ、水平方向、垂直方向または両方向に拡大・縮小することも、一切拡大・縮小しないように設定することもできます。9 スライスの拡大・縮小の機能を新しいオートシェイプライブラリと組み合わせれば、Web サイトやアプリケーションのプロトタイプを今までよりも迅速に作成することが可能になります。

 

 

 

 

Flash へのシンボルの読み込み

9 スライスの拡大・縮小を使用している Fireworks シンボルを読み込むと、4 つのスライスガイドが Flash に読み込まれ、保持されます。9 スライスの拡大・縮小は、グラフィック、リッチグラフィック、ボタンのシンボルに対しては保持されますが、Fireworks のアニメーションでは 9 スライスの拡大・縮小がサポートされていないため、アニメーションでは保持されません。読み込まれたシンボルは、Flash ライブラリにシンボルとして保存されます。

 

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー