Adobe Flash Catalyst では、アプリケーションをナビゲートする際、またはアプリケーション内のインタラクティブ要素(ボタンなど)をクリックする際に表示される様々なビューを「ステート」といいます。

例えば、あるボタン A をクリックした場合に画面が変遷した場合はステート 1 の画面が表示され、また違うボタン B をクリックした場合に画面が変遷した場合はステート 2 の画面が表示されるといった様に、ビューに応じてステートを作成します。

ステートの種類

ステートには次の 2 つのタイプがあります。

アプリケーションステート

ユーザーがマウスをクリックするといった、ユーザーインタラクションに基づいてステートが変更されます。ステートに何を表示するかは、レイヤーパネルでレイヤーのオンとオフを切り替えて制御します。

コンポーネントステート

コンポーネントステートは、コンポーネントの種類によって用意されているステートが異なります。ボタンには Up、Over、Down、Disabled の 4 つのコンポーネントステートがありますが、例えば Over ステートでフィルターを適用すると、マウスカーソルをボタンに合わせた時に、フィルターがかかってボタン画像が変化するように設定することができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー