この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

内容 (What's Covered)

A. システム設定を変更して Flash Player のクラッシュログを記録します(Windows)

B. Flash Player public bugbase からクラッシュログを送信します

C. エンドユーザ向け Flash Player のトラブルシューティング

 

この文書は、Internet Explorer で Windows 版 Adobe Flash Player を使用する際に、強制終了またはフリーズする問題の対処方法について説明します。Internet Explorer が強制終了またはフリーズした際に、以下のエラーメッセージが表示され、「Flash10a.ocx」が関連するアドオンとして表示されます。

  • 「Internet Explorer has encountered a problem with an add-on and needs to close. (アドオンで問題が発生したため、Internet Explorer を閉じる必要があります。)」

 Flash Player のクラッシュやフリーズは、主に以下の 3 つが原因で発生します。

  • 複数の Flash コンテンツが含まれるタブを多数開くことにより、メモリの問題が発生します。
  • Flash コンテンツ開発側の問題により、メモリ関連の問題が発生して強制終了またはフリーズします。
  • Flash Player 内部でまれに発生する問題です。

開発者向け :

Flash、または Flex、Flash Media Server での開発中に問題が発生する場合は、以下の弊社 Web サイトで製品ごとに該当する問題がないか検索します。または、下記手順を参照して弊社にクラッシュログを送信します。

URL : http://www.adobe.com/jp/support/

主な開発用製品は電話サポートの利用も可能ですが、エンドユーザによる Flash Player のサポートは電子メールのみ利用することができます。開発に使用している製品に応じて、問い合わせまたは報告を行ってください。

問題の報告 :

弊社に Flash Player の強制終了またはフリーズの問題を報告するには、以下の A. ~ B. を行います。

 

 A. システム設定を変更して Flash Player のクラッシュログを記録します(Windows)

 以下の操作を行います。

  1. メモ帳などのテキストエディタを起動します。
  2. 以下の文字列を入力します。

    CrashLogEnable=1
  3. 以下の場所に「mms.cfg」という名前をつけてファイルを保存します。

    WINDOWS¥system32¥Macromed¥Flash
  4. Internet Explorer を起動し、問題を再現します。問題を再現する際に、問題が発生する際に開いているすべてのウインドウおよびタブの URL を記録しておきます。
  5. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows Vista

    [スタート] メニューの [検索の開始] テキストボックスに「cmd」と入力し、Enter キーを押します。

    Windows XP

    a. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。

    b. [名前] テキストボックスに「cmd」と入力し、[OK] をクリックします。
  6. 以下のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    cd "%Temp%"
  7. 以下のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    dir *.mdmp
  8. 表示されたログファイルの一覧を確認します。

 

 B. Flash Player public bugbase からクラッシュログを送信します

 Flash Player public bugbase*(英語情報)からクラッシュログを送信するには、以下の操作を行います。

  1. 以下の弊社 Web サイトにアクセスします。

    URL : https://bugs.adobe.com/flashplayer/
  2. 「Register / Create new account」テキストリンクをクリックし、新規アカウントを作成します。
  3. 手順 2. で作成したアカウントでログインし、「CREATE NEW ISSUE」リンクをクリックします。
  4. [Project] ポップアップメニューから [Flash Player] を選択し、[Issue Type] ポップアップメニューから [Bug] を選択します。
  5. [Next] ボタンをクリックします。
  6. 次のページが表示されたら、[Attachment] セクションに上記手順 A. で作成したクラッシュログを添付します。
  7. その他必要な項目を入力し [Create] ボタンをクリックします。



     注意 : Flash Player クラッシュログには個人情報が含まれているため、送信された内容は非公開となります。送信後に再度参照することができないため、あらかじめバグ番号と URL を記録しておきます。

 

 C. エンドユーザ向け Flash Player のトラブルシューティング

 エンドユーザ環境で問題が発生する場合は、以下のトラブルシューティングを行います。

Flash Player をアップデートします

最新バージョンの Flash Player にアップデートし、問題が解決するか確認します。最新バージョンの Flash Player は、以下の弊社 Web サイトからダウンロードすることができます。

URL : http://www.adobe.com/go/getFlashPlayer

開いているウインドウやタブの数を減らします

一般的に、Web ページ上の Flash コンテンツには複数のインスタンスが使用されています。単独のページにメインのFlash コンテンツと、Flash Player から配信されるいくつかの広告が含まれる場合があります。Internet Explorer で多数のブラウザウインドウやタブを開くと、メモリを多量に消費してブラウザの動作に影響を及ぼし、Flash Player で強制終了またはフリーズが発生する原因となることがあります。同時に開くウインドウまたはタブの数を 2 つから 3 つ程度にすることで、問題の発生を回避できる可能性があります。

問題の再現する手順を確認します

繰り返し再現可能な手順を確認します。必ずしも問題が再現しない場合、開発者が Flash コンテンツのトラブルシューティングを行うのは困難です。

問題が発生する Web サイトを特定します

問題が発生する原因となる Web サイトを特定します。Flash コンテンツがメモリを正しく開放しないことにより、問題が発生する場合があります。たとえば、Adobe.com 内の特定のページが原因で強制終了やフリーズが発生し、他のページでは発生しない場合、ページに含まれるいくつかの Flash コンテンツが正しく動作していない可能性があります。

Web サイトの管理者に連絡します

可能な場合は、問題が発生する Flash コンテンツを配信している Web サイトや広告の管理者に内容を報告します。この際、Flash コンテンツでどの部分が原因となっているかを特定するために、問題を再現する手順も提供します。これにより、Web サイトの管理者は弊社と共に問題を解決するための作業を行うことができます。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー