この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。  

内容 (What's Covered)

この文書では、信頼するドメイン内で、Flash Player の実行許可を設定する方法について説明しています。

Safari 6.1 以降では、リッチメディアコンテンツがセーフモードで再生されます。セーフモードでは、Adobe Flash で作成されたコンテンツの機能を制限することで、ユーザーを保護します。この制限により、AIR アプリケーションのインストールや Adobe Connect などの一部の機能が正常に動作しません。

信頼できるドメインの場合、指定ドメイン内のコンテンツを対象として、「安全でないモード」で実行を許可することができます。「安全でないモード」はより制限事項が少ないため、コンテンツが正常に動作します。

これは Safari の初期設定の動作です。

Flash Player の実行許可設定を変更する

  1. Safari を起動し、Flash Player の実行を許可するドメイン内の任意のページを開きます。

  2. Safari/環境設定を選択します。

  3. 「セキュリティ」タブを選択し、「Web サイト設定を管理」をクリックします。

  4. 画面左側のプラグイン一覧から「Adobe Flash Player」を選択し、対象ドメインのポップアップメニューから「安全でないモードで実行」を選択します。

  5. 「Web サイト "<ドメイン>" を信頼して、安全でないモードで "Adobe Flash Player" を実行してもよろしいですか?」というメッセージが表示されたら、「信頼」をクリックします。

  6. 「完了」をクリックし、環境設定ダイアログボックスを閉じます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー