このドキュメントには、Flash Player 11 (デスクトップ)および AIR 3 (デスクトップ)に導入された Stage 3D 機能に非対応の GPU チップセットおよびグラフィックドライバーがリストされています。上記のシナリオでもコンテンツは実行されますが、Flash Player 11 および AIR 3 はソフトウェアのレンダリングにフォールバックされます。

注意:

Stage3D API を使用することで、ソフトウェアレンダリングを使用していても、コンテンツは Flash Player または Adobe AIR の旧バージョンを使用するより(およそ 10 倍)高速に実行します。

すべてのプラットフォーム

Stage3D 「制約」プロファイルを使用する場合:

  • Pixel Shader バージョン 2.0 以降に非対応の GPU
  • Chrome VIA チップセット

Stage3D 「制約」ベースラインを使用する場合:

  • Pixel Shader バージョン 2.x 以降に非対応の GPU
  • Pixel Shader 2.x: 740、i752、IEG、IEG2、GMA 900、GMA 950、GMA 3000、GMA 3100、GMA 3150 に非対応の Intel GMA
  • Chrome VIA チップセット

Windows

Stage3D 「制約」プロファイルを使用する場合、以下より前のグラフィックドライバー:

  • 2006 年 1 月 1 日(Flash Player 11.4/AIR 3.4)
  • 2005 年 1 月 1 日(Flash Player 11.4/AIR 3.4)(Intel GMA ベースのカード)

Stage3D 「ベースライン」プロファイルを使用する場合、以下より前のグラフィックドライバー:

  • 2009 年 1 月 1 日(Flash Player 11/AIR 3)
  • 2008 年 1 月 1 日(Flash Player 11.2/AIR 3.2)
  • 2006 年 1 月 1 日(Flash Player 11.4/AIR 3.4)
  • NVIDIA driver 8.17.11.9621
  • NVIDIA driver 8.17.11.8267
  • X.X.10.2021 以前の Intel GMA ドライバー

Mac OS

Stage3D 「制約」プロファイルを使用する場合:

  • すべての Intel GMA
  • ATI Radeon X1600
  • ATI Radeon 2400
  • Firefox 3.6 以前
  • Mac OS X 10.5 以前

Stage3D 「制約」ベースラインを使用する場合:

  • すべての Intel GMA
  • ATI Radeon X1600
  • ATI Radeon 2400
  • Firefox 3.6 以前
  • Mac OS X 10.5 以前

* Linux では、ハードウェアアクセラレーションは Google Chrome でのみサポートされます。

* インテル HD GPU は Mac OS と Windows の両方で完全にサポートされます。

推奨事項

更新されたドライバーでは、従前のソフトウェアフォールバックが修正されている可能性があります。お使いのドライバーを更新してもソフトウェアフォールバックが発生する場合は、チップセットが非対応である可能性があります。

ドライバーのアップデートについては、以下のリンクを確認してください。

現在の GPU の評価

  • DirectX または OpenGL ドライバーを使用して stage3D がレンダリングする場合は、ハードウェアアクセラレートされたサーフェスを使用しています。
  • 「Software Hw_disabled」を使用して stage3D がレンダリングする場合は、ソフトウェアレンダリングを使用しています。

以下の SWF ファイルは、現在のマシンの GPU が Stage3D をサポートするかどうかをレポートします。

ダウンロード

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー