Adobe Flash Player の使用中、次のいずれかの問題が発生することがあります。

  • ビデオが表示されない。
  • ビデオの代わりに黒色または白色のボックスが表示される。
  • 色に斑点ができる。
  • 緑色の線でプレイヤーが 2 つに分割される。
  • シーク/ナビゲーションバーが見つからないか、正しく表示されない。
  • 解像度を変更すると(特にフルスクリーンモードで)、ビデオが再生を停止する。

Flash Player 10 以降では、システムのグラフィックハードウェアを使用して、ビデオ復号化を加速させることができます。Flash Player 10.2 以降では、一部のサイトでビデオ表示を加速させることもできます。その結果、ビデオ再生のあらゆる側面が加速します。Flash Player でビデオ再生の問題が発生している場合、ビデオアダプターのドライバーソフトウェアに互換性の問題がある可能性があります。この文書の手順に従って、これらの問題をトラブルシューティングし、Flash Player を改善するのに役立つ情報をアドビに提供してください。

HTML5 のビデオを視聴できるかどうかのチェック

HTML5 がサポートされているブラウザーで次のビデオを参照してください。

HTML5 のビデオを適切に視聴できるけれども、HTML5 でないビデオを視聴できない場合、Flash Player に問題がある可能性があります。両方のビデオを見ることができない場合は、ご使用のデバイスドライバーに問題がある可能性があります。

ビデオ再生の問題の解決

ビデオの再生時に問題が発生する場合、次の手順に従います。

  1. ハードウェアアクセラレーションを無効にしてみてください。以下の Flash Player のロゴを右クリックし、コンテキストメニューから「設定」を選択します。「ハードウェアアクセラレーションの有効化」(「表示」タブの上)の選択を解除し、「閉じる」をクリックします。

     
  2. アドビのサイトからサンプルのステージビデオを参照してください。

    ハードウェアアクセラレーションを無効にすることで問題が解決した場合、ビデオカードドライバー固有の問題が存在する可能性があります。アドビがこの問題に対処するのに役立てるために、以下の指示に従って問題を報告してください。

  3. Windows を使用している場合、ドライバーを更新してみてください。

    Windows Update では、デフォルトでデバイスドライバーが更新されません。ドライバーの更新方法については、Microsoft のヘルプ記事「正常に動作していないハードウェアのドライバーを更新する」を参照してください。

    コンピューターの製造元またはビデオアダプターの製造元からドライバーの更新を取得できる場合もあります。

  4. ドライバーの更新(および必要に応じてコンピューターの再起動)をした後、Flash Player のハードウェアアクセラレーションを再度有効にします(上記の手順に従う)。ビデオ再生の問題が解決されたかどうかを確認します。解決していない場合、以下の指示に従って問題を報告してください。

ビデオ再生に関する問題をアドビに報告

レポートやバグを提出することで、アドビとドライバーの製造元が協力して問題に対処できます。ビデオアダプターのドライバー情報を提供するには、以下の手順に従ってください。また、アドビが調査するのに必要な情報とともに、問題の明確かつ詳細な説明を提供してください。

Windows ユーザーの場合

  1. 「スタート」メニューに移動し、検索ボックスに「 dxdiag」と入力します。または、「実行」を選択して表示されるテキスト入力ボックスに「dxdiag.exe」と入力します。

    「実行」テキスト入力ボックスに「dxdiag.exe」と入力します。
  2. 「DirectX 診断ツール」ウィンドウで、「情報をすべて保存」をクリックし、「DxDiag.txt」という名前のファイルに診断レポートを保存します。

    「すべての情報を保存」をクリックします。
  3. 見つけやすくするために、デスクトップにこのファイルを保存します(オプション:ビデオカード名、製造元、およびドライバーバージョンをすばやく表示するには、「表示」タブをクリックします)。

    ファイルを保存します。
  4. 次の手順に従って、DxDiag.txt ファイルを含む問題レポートをアドビに提出してください。

Mac OS ユーザーの場合

  1. アップルメニューから、「この Mac について」を選択します。

    この Mac について
  2. 「詳細情報」をクリックします。

    詳細情報
  3. 「ファイル/保存」を選択し、ファイルにシステム情報を保存します。ドライバーのバージョン番号を表示するには、「グラフィック」および「表示」を選択します。

    ビデオカード名およびビデオ RAM の記録

Linux ユーザーの場合

  1. ターミナルを開きます。
  2. 「glxinfo > yourtag_glxinfo.txt」を実行します。
  3. 次の手順に従って、glxinfo.txt ファイルを含む問題レポートをアドビに提出してください。

問題レポートをアドビに提出

  1. Adobe ID とパスワードを使用してAdobe Bugbaseにログインします。 
    Adobe ID をお持ちでない場合は、「アドビアカウントの作成」をクリックして作成します。

  2. 「バグの追加」をクリックします。
  3. 製品に Adobe Flash Player を選択します。バージョン、製品領域、頻度、障害の種類、ビルド、Flash Player の言語、オペレーティングシステムの言語、ブラウザー、およびプラットフォームなどの詳細を選択します。
  4. 題名、説明、および再現手順を記載します。次の必要な情報をコピーして貼り付けます。

    • ブラウザーおよびバージョン:<上記に表示されたご使用のブラウザーの名前およびバージョン。>
    • URL:<問題が発生した正確なページの完全な URL。>
    • 説明:<発生した問題の説明。Adobe が問題を診断するのに具体的な情報が役立ちます。たとえば、ビデオが再生されない場合、ビデオが黒一色ですか?斑点がありますか?または音が詰まっていますか?どのようなエラーを確認しましたか?問題が発生する前にどのような操作を行いましたか?再生の一部は正常に動作しましたか?フルスクリーンまたはブラウザーウィンドウのいずれかで問題が発生しますか?>
    • ハードウェアアクセラレーション:<トラブルシューティングの手順で説明したようにハードウェアアクセラレーションを無効にすると問題が解決しますか?>
    • 関連フォーラムの投稿(該当する場合):<この問題についてフォーラムに投稿した場合、アドビが関連情報を追跡できるように、フォーラム投稿の URL を含めてください。>
  5. 診断ファイルを添付し、「送信」をクリックします。
     

追加情報

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー