問題

 

swf やブラウザ内での Bitmap 画像が Flash でオーサリングしている時の表示と異なることがあります。また、時にはステージ上での位置が変わってしまっていることがあります。

Bitmap 画像の中には、Flash のキーフレームにおかれている場合に 1 ピクセルほど位置がずれてしまうことがあります。ステージ自体の位置が移動していなくても、アルファ値を利用したトゥイーンを実行した際に起こる事があります。

画質を「高」に設定していても、ブラウザ上で画像が潰れて見えたりエイリアス化されていたりして見えます。

 

理由

 

Flash 内では時折 Bitmap 画像の画面上での位置の計算を行いますが、この微妙な計算によって、画像の位置や表示の仕方にずれが生じてしまいます。

回避策

 

この問題を回避するには以下を実行してください。

ライブラリパネルのビットマップクオリティダイアログボックスでスムージングのチェックを外していただくことで回避されることがあります。

Bitmap 画像を「修正」メニュー≫「分解」を選択しばらばらに分解します。もし Bitmap 画像がシンボル内に存在する場合はシンボルの編集画面で分解にします。

画像のサイズを微妙に変更することで回避されることがあります。サイズの変更を微量に行う場合は情報パネルで行います。

アルファトゥイーンを行う際にアニメーションが飛んだように表示される場合はトゥイーンの始めまたは終わりのアルファ値を変更してみてください。例えば、アルファ値を 100 %の替わりに 99 %にしてみたり、同様に 0 %の代わりに1%に設定してお試しください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー