問題点 (Issue)

Adobe Flash CS4 Professional の新しいモーションで、キーフレーム間のイージングを直感的に設定することができません。


解決方法 (Solutions)

この問題を解決するには、以下の A. または B. いずれかの操作を行います。

A. カスタムイージング作成して適用します

  1. [タイムライン] パネルで、イージングを適用するシンボルが配置されたレイヤーを選択します。
  2. [ウインドウ] メニューから [モーションエディタ] を選択します。
  3. [イージング] セクションを展開し、プラス記号(+)をクリックして [カスタム] を選択します。





  4. [グラフ] 列で再生ヘッドをキーフレームの中間に移動します。
  5. [キーフレーム] 列で [キーフレームを追加または削除] ボタンをクリックします。







    ※ [キーフレームを追加または削除] ボタンは、グレーのひし形で表示されています。再生ヘッドの位置にキーフレームがある場合、[キーフレームを追加または削除] ボタンは黄色で表示されます。

  6. 最初のキーフレームをクリックし、表示されたハンドルを垂直上方向の中央部分までドラッグします。





  7. 終端のキーフレームをクリックし、表示されたハンドルを垂直下方向の中央部分までドラッグします。





  8. 手順 4. で追加したプロパティキーフレームを Alt + クリック(Windows)/Option + クリック(Macintosh)するか、またはハンドルを水平方向にドラッグします。
  9. X や Y などのイージングを適用するプロパティで、[イージング] 列のポップアップメニューから上記手順で作成したカスタムイージングを選択します。(例 : 2-カスタム)
  10. グラフにカスタムイージングが反映されます。



    ※ 以下の画像は [基本モーション] の X および Y にカスタムイージングを適用した例です。





  11. タイムラインを再生してキーフレーム間のイージングを確認し、必要に応じてカスタムイージングを調整します。

B. プロパティグラフで個別に調整します

[モーションエディタ] パネルでは、基本モーションの X、Y、回転 Z 以外のプロパティに対し、ベジェコントロールを使用して制御することができます。キーフレーム間のプロパティ曲線を個別に調整することで、イージングと同様の効果を得ることができます。例えば、傾斜 X および傾斜 Y をより滑らかに調整する場合、以下のような操作を行います。

  1. [タイムライン] パネルで、イージングを適用するシンボルが配置されたレイヤーを選択します。
  2. [ウインドウ] メニューから [モーションエディタ] を選択します。
  3. [変形] セクションを展開します。
  4. 調整するプロパティの [グラフ] 列以外で何もない場所をクリックし、グラフを展開します。





  5. 上記手順 B. の 4. ~ 5. を参照してプロパティキーフレームを追加するか、または既存のプロパティキーフレームを Alt(Windows)/Option(Macintosh)を押しながらドラッグします。





  6. タイムラインを再生し、必要に応じてハンドルの調整やプロパティキーフレームの追加を行います。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー