この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

この文書では、Adobe Flash CS4~CC 2014 の環境設定ファイルを再作成する方法について説明します。

Flash で問題が発生した場合、パネルの表示位置やワークスペースレイアウト、アプリケーション全体の環境設定を再作成して初期化することにより問題が解決できることがあります。例えば、モニタを変更した際にパネルが画面の外に表示されて操作できないなどの問題は、パネルの表示位置を初期化することで解決できます。また、環境設定の初期化は、システムのフリーズや通常とは異なる動作など、予期しない問題のトラブルシューティングに役立ちます。

この文書の操作を行うと、以下の項目がすべて初期化されます。

  • 環境設定
  • ワークスペース設定
  • パネルの表示位置
  • ビヘイビア
  • プロジェクト設定
  • アプリケーションフォルダー内の First Run フォルダーに保存したカスタマイズしたクラスのキャッシュ
  • モーション XML などコマンドメニュー内のカスタマイズされたコマンド

A. 環境設定ファイルのバックアップ

カスタマイズしたコマンドやその他の設定を保存しておくには、デスクトップなどの異なる場所に新規フォルダーを作成し、コマンドやその他の設定ファイルをコピーします。環境設定ファイルを削除後に Flash を再起動すると、起動時に環境設定ファイルが再作成されます。これにより、環境設定が初期化されます。

カスタマイズした設定を復元するには、以前と同じ場所にファイルやフォルダーをコピーし、Flash を再起動します。

※ Windows のフォルダーパスは、円記号「¥」がバックスラッシュ「 \ 」で表示されます。

Windows 8.x/7/Vista

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Adobe\Flash <バージョン>\<使用言語>

Windows XP

C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Adobe\Flash <バージョン>\<使用言語>

Mac OS

Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Application Support/Adobe/Flash <バージョン>/<使用言語>

B. 環境設定ファイルを再作成する方法

Flash の環境設定ファイルを再作成するには、以下のレジストリキー(Windows のみ)と、フォルダーおよびファイルを削除します。

B-1. レジストリキーの削除(Windows のみ)

Windows の場合は、以下の操作を行いレジストリキーを削除します。

警告 : 以下の操作では、Windows レジストリを編集します。Windows レジストリには、コンピューターとアプリケーションのための重要な情報が含まれています。レジストリの編集については、弊社ではサポートを行っておりません。変更する前には、必ずレジストリのバックアップを作成してください。レジストリの詳細は、Windows のマニュアルを参照するか、Microsoft 社にお問い合わせください。

  1. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 8.x

    1. スタート画面左下のプレビューを右クリック/ファイル名を指定して実行を選択します。

    2. 「regedit」と入力して「OK」をクリックします。

    Windows 7/Vista

    1. スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」(Windows 7)/「検索の開始」(Windows Vista)テキストボックスに「regedit」と入力して Enter キーを押します。

    2. ユーザーアカウント制御ダイアログボックスが表示されたら「はい」(Windows 7)/「続行」(Windows Vista)をクリックします。

    Windows XP

    1. スタートメニュー/ファイル名を指定して実行を選択します。

    2. 「名前」テキストボックスに「regedit」と入力し、「OK」をクリックします。

  2. レジストリエディタが起動したら、左側のリストに表示されているフォルダーを展開し、以下のレジストリキーを検索します。

    HKEY_CURRENT_USER/Software/Adobe/Flash <バージョン>

    注意:

    バージョンは以下の数値で示されます。

    • CS4 = 10
    • CS5 = 11
    • CS5.5 = 11.5
    • CS6 = 12
    • CC = 13.0
    • CC 2014 = 14.0

  3. 編集/削除を選択し、削除の確認メッセージが表示されたら「はい」をクリックします。

  4. レジストリエディタを終了し、B-2. 環境設定ファイルの削除に進みます。

B-2. 環境設定ファイルの削除

Flash CS5.5 以降では、Flash を起動した直後に Ctrl+Alt+Shift(Windows)/Command+Option+Shift(Mac OS)キーを同時に押し続けると環境設定ファイルを自動で再作成することができます。

Flash の環境設定ファイルを手動で再作成する場合は、以下のフォルダーおよびファイルを削除します。削除後、Flash を起動すると環境設定ファイルが再作成されます。

Windows

  • Windows Vista 以降 : C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Adobe\Flash <バージョン>
  • Windows XP : C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Adobe\Flash <バージョン>
  • 32 ビット版 Windows : C:\Windows\System32\Macromed\Flash\FlashAuthor.cfg
  • 64 ビット版 Windows : C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash\FlashAuthor.cfg

Mac OS

  • Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Preferences/Flash <バージョン> Preferences
  • Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Preferences/Flash <バージョン> MRU
  • Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Preferences/com.adobe.flash-<バージョン>.plist
  • Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Preferences/com.adobe.flash.plist
  • Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/Flash <バージョン>
  • Macintosh HD/ライブラリ/Application Support/Macromedia/FlashAuthor.cfg

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けし ている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラム をご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー