内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Flash Professional CC へのバージョンアップに伴い、削除された機能について説明しています。

削除された機能

  • Action Script 1/2 のサポート
  • TLF テキスト
    TLF テキストが含まれている FLA ファイルを Flash CC で開くと、自動的にクラシックテキストに変換されます。
  • モーションエディター
    モーションパスは維持されます。
  • プロジェクトパネル
  • 起動と編集
    Photoshop の起動と編集は動作します。
  • プリント
  • インバースキネマティック/ボーンツール
  • ストリングパネル
  • ビヘイビアーパネル
  • パターン描画ツール
  • オブジェクトレベルの取り消し
  • スペルチェックパネル
  • ムービーエクスプローラー
  • プロファイラー
  • FXG の読み込みと書き出し
  • アクションツールボックス
  • CSXS
  • Kuler パネル
  • スクリーンの共有
  • JSFL コード用ヒント
  • ビデオのキューポイント
  • クローズドキャプション
  • ステージ上のビデオ再生
  • Device Central
  • カスタマイズ可能なツールパネル
  • ステージからライブラリ、または他のアプリケーションにドラッグ&ドロップ
  • ビットマップ形式(BMP、TIFF、AutoCAD)の読み込み
  • サウンド形式(AIFF、SoundDesigner、Around AU、Adobe サウンドドキュメント)の読み込み
  • ファイル情報(XMP メタデータ)
  • プロジェクター
  • Fireworks PNG の読み込み
  • ポストプロセッサー
  • データバインディング
  • データソース
  • スクリプトアシスト
  • FreeHand インポーター
  • PicWhip
  • 自動保存
  • 条件付きコンパイルのユーザーインターフェース
  • AIRN Adobe AIR for Digital Home

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー