Adobe Flash CC では、モーショントゥイーンとクラッシックトゥイーンの2つ方法で簡単にアニメーションと特殊効果を作成できます。目的によって使い分け、効果的なアニメーションの作品を作成します。モーショントゥイーンはより複雑な効果を指定でき、3D オブジェクトを使用したアニメーションも簡単に作成できます。クラッシックトゥイーンはモーショントゥイーン機能ができる前からある従来の機能で、より作成が複雑です。

モーショントゥイーンのアニメーション
 
クラシックトゥイーンのアニメーション
 

モーショントゥイーンでアニメーション作成

  1. Flash CC を起動し、新規ファイルを作成します。

  2. シンボルを作成します。

    ここでは例として以下の方法で作成します。

    1. 楕円形ツールを選択して、ドキュメントに丸を描きます。

    2. テキストツールで文字を入力します。

    3. 選択ツールで、すべてを選択します。

    4. 「修正」メニューから「シンボルに変換」を選択します。

    5. シンボルに変換 ダイアログボックスが表示されたら、「OK」をクリックします。

  3. 「挿入」メニューから「モーショントゥイーン」を選択します。

    画面下部にあるタイムラインパネルを確認すると、レイヤー1のタイムラインにモーショントゥイーンが追加されたのが分かります。

  4. タイムラインで始めのフレームを選択して、プロパティを設定します。ここでは例として小さいサイズにします。

  5. タイムラインで終わりのフレームを選択して、プロパティで位置やサイズ透明度や色などの変化を設定します。

    ※モーショントゥイーンは 3D オブジェクトや 3D 回転の動きに対応しています。

    以上で、モーショントゥイーンでアニメーションを作成する手順は完了です。


    ※動きを確認したい場合は、「制御」メニューから「再生」を選択します。

クラシックトゥイーンでアニメーション作成

  1. Flash CC を起動し、新規ファイルを作成します。

  2. シンボルを作成します。

    ここでは例として以下の方法で作成します。

    1. 矩形ツールで、四角を作成します。

    2. 選択ツールで、すべてを選択します。

    3. 「修正」メニューから「シンボルに変換」を選択します。

    4. シンボルに変換 ダイアログボックスが表示されたら、「OK」をクリックします。

  3. タイムラインパネルのレイヤー1にフレームを挿入します。

    ここでは例として20フレーム目を選択して、「挿入」メニューから「タイムライン」をポイントし、「フレーム」を選択します。

  4. 「挿入」メニューから「クラシックトゥイーン」を選択します。

  5. タイムラインで始めのフレームを選択して、プロパティを設定します。ここでは例としてアルファ値(不透明度)を15%にします。

  6. タイムラインで終わりのフレームを選択して、プロパティで位置やサイズ透明度や色などの変化を設定します。

    以上で、モーショントゥイーンでアニメーションを作成する手順は完了です。


    ※動きを確認したい場合は、「制御」メニューから「再生」を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー