範囲選択、レイヤー、レイヤーマスクを使って、イラストのいろいろな部分を修正する方法を説明します。

学習した内容:レイヤー、レイヤーグループ、範囲選択、レイヤーマスクを操作してイラストのパーツを修正する方法

レイヤーグループを作成する

1つのエレメントを複数のレイヤーに分けて表現している場合、必要に応じて複数のレイヤーをレイヤーパネル上でグループ化すると、操作や編集の手数を減らすことができます。

  1. レイヤーサムネールをドラッグして別のレイヤーサムネールに重ね、レイヤーグループを作成します。
  2. 必要に応じて、その他のレイヤーサムネールもドラッグし、レイヤーグループに追加します。
  3. レイヤーグループをダブルタップすると、そのグループに含まれるレイヤーが表示されます。レイヤーのメインビューに戻るには、グループ表示の上部にある戻るアイコンをタップします。
  4. レイヤーのグループ化を解除するには、レイヤータスクバーの「…」をタップして詳細オプションメニューを開き、「レイヤーをグループ解除」を選択します。

 

エレメントを新規レイヤーに移動する

以下のようにすると、1つのオブジェクトだけを新規レイヤーに移動させ、その他のエレメントと分けて編集することができます。

  1. なげなわツールで、新規レイヤーに移動するアイテムの周りに選択範囲を作成します。
  2. タスクバーの「…」をタップし、「選択範囲をカット」を選択します。もう一度同じメニューを開き、「選択範囲をペースト」を選択します。

 

レイヤーマスクを追加する

レイヤーマスクを使用すると、レイヤーの内容を削除することなく、表示する部分と表示しない部分を指定できます。この機能を利用すれば、編集作業が簡単になり、非常に便利です。

  1. タスクバーの「…」をタップし、「空のマスクを作成」を選択して、レイヤーマスクを作成します。
  2. レイヤーマスクを追加すると、レイヤーマスクサムネールの左に小さな黒丸が表示されます。この黒丸は、マスクがアクティブになっていることを表しています。
  3. レイヤーマスクのサムネールを右にスワイプして、レイヤーのサムネールを表示します。すると、レイヤーマスクではなくレイヤーがアクティブになります。レイヤーサムネールが表示されてアクティブになっているときは、レイヤーサムネールの右に小さな黒丸が表示されます。
  4. レイヤーマスクがアクティブになっているときは、画面下部にマスクアクションバーが表示されます。マスクアクションバーの「表示」ボタンと「非表示」ボタンを使い分けながらマスクをペイントして、そのレイヤーの表示部分をコントロールします。
  5. また、選択範囲からレイヤーマスクを作成することもできます。その場合は、選択範囲を作成してから、画面下部に表示された選択範囲アクションバーの「マスク」アイコンをタップします。
10/21/2019

イラストレーター:Kyle T. Webster

プレゼンター:Seán Duggan

このページは役に立ちましたか。