1. Illustratorを起動し、文字を変更したいaiファイル(サンプルファイルでは「before.ai」)を開きます。展開したファイルで使用されているフォントが自身の環境には無い場合は「環境に無いフォント」ダイアログが表示されます。Typekitフォントが使用されている場合には「フォントを同期」をクリックすることで、Adobe Typekitから自動的にフォントがダウンロードされます。


2. ツールパネルから[文字ツール]を選び、編集箇所をクリックすると、カーソルが表示されます。


3. カタカナのマックスをアルファベットのMAXに変更ができたら、ツールパネルから[選択ツール]に持ち替え、テキスト編集を終了します。


4.上書き保存の場合には[ファイル]メニュー →  [保存]の順にクリックし保存します。変更前のファイルを残しておきたい場合は [別名で保存…]を選択し、新しいファイルとして保存します。

コラム Adobe Typekitの話


デザインをする上で重要なのが、フォントの選択です。使用するフォントによってデザインのイメージは大きく変わります。
そのフォントの選択肢を大きく広げてくれるのがこのAdobe Typekitです。
Adobe Typekitには数多くのフォントが用意されており、好きなフォントをインストールして使用することができます。
Adobe Typekit公式サイト

 

[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopやAcrobat など、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

このページは役に立ちましたか。