1. Illustratorを起動し、写真を入れ替えたいaiファイル(サンプルファイルでは「before.ai」)を開きます。

2. ツールパネルから[選択ツール]を選び、変更したい写真をクリックします。

3. [ウィンドウ]メニュー →  [リンク]をクリックし、リンクパネルを表示します。


4. リンクパネル下部のボタンから[リンクを再設定…]をクリックします。


5. 表示されたダイアログボックスから差し替えたい画像(サンプルファイルでは「gallery-05.jpg」)を選んで[配置]をクリックし、写真を入れ替えます。


6. [ファイル]メニュー →  [保存]の順にクリックし保存します。

コラム1 画像のリンクと埋め込み

リンクで配置
Illustrator上に配置されている画像と、元の画像ファイルがリンクされています。
そのため埋め込み配置に比べてファイルサイズが小さく、作業環境にかかる負担も少なくなります。
また、元の画像ファイルに変更を加えた場合、リンクが更新されてIllustrator上に配置されている画像にも変更が適用されます。

埋め込み配置
元の画像ファイルのコピーをIllustratorのファイルの中へ埋め込みます。
そのためリンク配置と違い、ファイルサイズは大きくなります。
また、Illustratorのファイルの中へ直接埋め込まれているので、画像が表示されないリンク切れなどのトラブルを防ぐことができます。

 

コラム2 データの受け渡し

Illustratorには、画像も含め編集可能な状態で受け渡しをする「パッケージ保存」と、あらゆる環境で見た目を維持して受け渡す「PDF保存」があります。

パッケージ保存
Illustratorファイル内で使用している画像やフォントを1つのフォルダにまとめて保存ができる機能です。
[ファイル]メニュー →  [パッケージ]の順にクリックし、ダイアログボックスで保存先を選択します。
印刷会社への入稿データや、アーカイブとして保存する際にも活用できます。


PDF保存
[ファイル]メニュー →  [複製を保存]の順にクリックし、表示されたダイアログボックスのファイル形式からAdobe PDFを選択します。


[Adobe PDFを保存]ダイアログボックスで、自社のWebサイトにアップロードする場合は「最小ファイルサイズ」を、印刷会社に入稿する場合は「PDF/X-4:2008(日本)」など、用途に合ったプリセットを選択し、[PDFを保存]をクリックします。

 

[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopやAcrobatなどすべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

このページは役に立ちましたか。