Adobe Illustrator CCでは、回転、リフレクト、シアーを適用してアートワークを変形させることができます。

学習した内容:アートワークを変形させる様々な方法

反転、回転、シアー、リフレクトなど、Illustratorにはアートワークを変形させる機能が多数あります。アートワークを編集しながら、様々な変形機能の使い方を学びました。

コンテンツを反転させる

選択したアートワークを反転させるには、プロパティパネルの「垂直軸に沿って反転」または「水平軸に沿って反転」ボタンをクリックします。

コンテンツを回転させる

  1. 選択したコンテンツを回転させるには、バウンディングボックスの角から少し離れた場所にポインターを移動します。
  2. 回転矢印のアイコンが表示されたら、ドラッグして回転させます。回転角を45度単位に固定する場合は、Shiftキーを押しながらドラッグします。

指定したポイントを基準にしてコンテンツをリフレクトする

  1. アートワークを選択した状態で、ツールバーから、リフレクトツールを選択します。
  2. アートワークをクリックして、リフレクトの中心点を指定します。(オプション)
  3. アートワークをドラッグしてリフレクトします。Shiftキーを押しながらドラッグすると、アートワークの角度を45度単位に限定できます。操作が完了したら、マウスボタンを放してからキーを放します。

ヒント:リフレクトしつつコピーを作成するには、Altキー(Windows)またはOptionキー(macOS)を押しながらドラッグして、選択したコンテンツをリフレクトします。操作が完了したら、マウスボタンを放してからキーを放します。

アートワークのコピーを作成する

  • アートワークのコピーを作成するには、Altキー(Windows)またはOptionキー(macOS)を押しながらアートワークをドラッグします。マウスボタンを放してから、キーを放します。
  • 同じ変形操作を繰り返すには、オブジェクト/変形/変形の繰り返しを選択します。

コンテンツにシアーを適用する

  1. コンテンツを選択した状態で、ツールバーの回転ツールを長押しし、シアーツールを選択します。
  2. ドラッグするとシアーが適用されます。Shiftキーを押しながらドラッグすると、シアーの角度を限定できます。マウスボタンを放してから、キーを放します。
05/07/2019

プレゼンター:Brian Wood

 

このページは役に立ちましたか。