Adobe Illustrator CCのパペットワープツールでは、とても簡単にベクターで描かれたパーツをスムーズに調整できます。パペットワープツールで特定の領域にピンを配置すれば、アートワークの他の領域に影響を与えずに特定の領域のみを操作できます。
bend-shapes-warp-artworkmain

注意:この機能は、最新版のIllustrator CCでご利用いただけます。
 

描画にピンを追加する

ツールパネルで選択ツールに切り替え、選択マーキーが目的のアートワークを囲むようにドラッグします。パペットワープツールを選択し、変形させる領域とアンカー領域をクリックして、3つ以上ピンを追加します。メッシュオーバーレイを使用すると、ピンを配置しやすくなります。

ヒント:メッシュがあるとアートワークが見にくい場合は、プロパティパネルまたはコントロールパネルにある「メッシュを表示」のチェックマークをオフにします。
 

アートワークを変形する

ピンを動かして、描画されたパーツを伸ばしたり、回転、位置の変更をおこないます。アートワークを変形する中で、さらにピンを追加し、別の領域をアンカーとして設定することも可能です。

ヒント:自然で滑らかに動かすには、3つ以上のピンが必要です。

やり直し

最初からやり直すときは、簡単にピンを一括削除できます。パペットワープツールを選択した状態で、プロパティパネルのクイック操作の「すべてのピンを選択」を選択してから、Deleteキーを押します。

その他の例を見る:

デジタルパペットを作成する

キャラクターのポーズは簡単に設定できます。キャラクターの手足の位置を変更するには、手足が胴体と接する関節点にピンを追加します。プロパティパネル(またはコントロールパネル)にある「メッシュを拡大」オプションを使用すれば、対象領域を拡大できます。アートワークに隙間がある場合は、このオプションを使用すると効果的です。

表現豊かな文字を作成する

文字のシェイプを変形したり、伸ばしたり、ゆがませたりすることができます。パペットワープツールにより自動的に文字がアウトライン化されるので、アンカーポイントを直接編集するよりも自然にシェイプを編集できます。

ヒント:文字は個別に操作しましょう。その方が美しく仕上がります。

お楽しみいただけましたか。Illustratorのこのツールについて詳しくは、パペットワープをご覧ください。
 

09/11/2018


アーティスト:Gleb Guralnyk

アーティスト:Jing Wei

このページは役に立ちましたか。