Illustratorの基本ツールを使って、ロゴデザインのワークフローを簡素化することができます。
空色の背景にフクロウをシンプルに図案化したベクター画像

ロゴはベクターアートワークが最適

ベクターグラフィックにはシェイプ、テキスト、カーブを組み込むことができます。ピクセルで構成される画像はサイズを変更するとぼやけたり歪んだりしますが、ベクターアートワークはどれだけ大きくまたは小さくしても、鮮明度を失うことはありません。そのため、多数のプロジェクトで使用されているベクターは、ロゴとして理想的な形式です。

左右に並んだロケットのグラフィック、左側はベクターグラフィック、右側はぼやけたラスター画像

よく使用されるベクターファイルの形式は以下のとおりです。

  • .ai:Adobe Illustrator:印刷メディアやデジタルグラフィックでよく使用される
  • .svg:スケーラブルベクターグラフィックス:web用に適している

正確かつ柔軟に操作できるシェイプツール

作成するロゴの種類(テキストの有無など)によっては、シェイプや描画したコンテンツを含めることもあるでしょう。デザインを正確にコントロールでき、柔軟性のあるシェイプツールを最初に使うことをお勧めします。プロパティパネルと変形パネルを使って、正確にサイズを調整できます。

長方形ツールが選択されたツールバー、Illustratorのワークスペースにすべてのポイントが選択されたフクロウのベクターグラフィックが表示されている

デザインに合わせてタイポグラフィをカスタマイズ

ロゴデザインにテキストを追加するのは文字ツールを使えば簡単。プロパティパネルで書式設定します。手持ちのフォントを使うか、Creative Cloudメンバーシップに含まれる様々なAdobe Fontsから選びましょう。 

「Owl Preserve of Oregon」と書かれたテキストボックスが選択され、文字パネルには各種フォントが表示されている

ヒント:文字タッチツールでは、字送りとカーニング、個々の文字の移動、回転、拡大・縮小など、さらに詳細なテキストの調整ができます。

シンプルなシェイプの合体と型抜きによる大きな効果

シェイプ形成ツールでは、シンプルなシェイプを組み合わせて、ユニークで複雑なシェイプを作成できます。対象のシェイプが含まれるようにドラッグして結合します。 

シェイプの合体と同様に重要なシェイプ形成ツールの機能が、一方のシェイプから他方のシェイプを削除する型抜きです。

組み合わせたシェイプを仕上げる

パスファインダーの「前面オブジェクトで型抜き」、「合流」、「分割」などの機能を使えば、シェイプ形成ツールよりも複雑な組み合わせ方ができます。

様々なサイズと形式で書き出す

ロゴはアセットの書き出しパネルで簡単に書き出せます。ドラッグ&ドロップしてアセットに名前を付け、形式とサイズを指定して書き出すだけです。

このページは役に立ちましたか。