Illustrator iPad版とデスクトップ版の違いや、iPad版の新機能について見ていきましょう。

新設計のIllustrator iPad版ワークスペースの使い方。Illustratorデスクトップ版とiPad版の違いとIllustratorを使い慣れたユーザーから見た新要素

iPad版ワークスペースの違い

  • iPad版で作成したドキュメントはアドビクラウドに保存されるため、保存や書き出しの手間をかけることなく、iPad版とデスクトップ版の両方からアクセスできます。
  • ツールバー、レイヤーパネル、プロパティパネルはデスクトップ版とほぼ同じです。
  • 新しいタスクバーには、よく使われる機能が揃っています。具体的には、シェイプ形成、整列、パスファインダーと、アウトライン作成などのテキスト関連機能、リピートなどの新機能にアクセスできます。

描画と編集

  • iPad版では鉛筆ツールが一新され、滑らかさのコントロールや、描画中に手を止めて角を作る機能、直線を引くタッチショートカット操作などが加わりました。
  • ペンツールは、Illustratorデスクトップ版のペンツールとほぼ同じように使えます。タップしてポイントを指定し、さらにタップ&ドラッグすることで調整を加えます。
  • iPad版独自のプライマリとセカンダリタッチショートカットで、各種ツールの特別な機能を呼び出すことができます。
  • 選択ツールまたはダイレクト選択ツールでオブジェクトを選択すると、アートワークの下に共通アクションバーが表示され、不透明度の変更、複製、削除、整列を手早く実行できます。

新機能、更新された機能

  • リピート機能とパターン機能(リピートラジアル、リピートグリッド、リピートミラー)は、作業の手間を減らすために役立ちます。
  • iPad版では、パスファインダーの使用時に元の状態が記憶され、シェイプを組み合わせた後にも個々のシェイプを編集できます。

別の方法で作成したアートワークを取り込む

  • デバイスで撮影した写真を使用することや、Creative Cloudから素材を取り込むことができます。また、Photoshopファイルの読み込みも可能です。

作品をほかのユーザーに送る

  • 作品をJPEG、PNG、PSDなどの様々な形式で書き出し、ほかのユーザーと共有できます。
04/28/2021

プレゼンター:Brian Wood

このページは役に立ちましたか。