カラースウォッチとその濃淡カラーを作成し、ロゴに奥行きを加えます。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。    

学習内容:カラーミキサーを使用してスウォッチを作成し、そのスウォッチから濃淡カラーを作成する


濃淡カラーとは

濃淡カラーとは、カラーの明るさのバージョン(濃度を変えたカラー)です。

元のオレンジのスウォッチの右に並べた4つの淡く明るいスウォッチ

カラーを作成する

最初に、「カラー」オプションを使用して、新しいカラーを作成します。

  1. アートワークを選択して、プロパティパネルで「塗り」のカラーをクリックします。
  2. 表示されたパネルで、上部にある「カラー」オプションをクリックします。パネルの上部にカラースライダー、下部にカラースペクトルが表示されます。
  3. カラースペクトルをクリックして任意のカラーをサンプリングし、選択しているアートワークの塗りに適用します。

ヒント:CMYK(プリント)ドキュメントでは、「カラー」オプションにCMYKスライダーが表示されます。CMYKスライダーは、カラープリントに使用する標準的な印刷用インクである、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(K)を表します。RGB(web、スクリーン)ドキュメントでは、「カラー」オプションにRGBスライダーが表示されます。RGBは、レッド(R)、グリーン(G)、ブルー(B)からなる光の3原色を意味し、これらを混ぜ合わせてスクリーン上に表示するカラーを作成します。

カラーをスウォッチとして保存する

サンプリングしたカラーをスウォッチとして保存すれば、他の場所にも適用できるため、色の一貫性を維持でき、適用したアートワークのカラー編集が容易になります。

  1. 「塗り」のカラーパネル上部にある「スウォッチ」オプションをクリックして、デフォルトのカラースウォッチを表示します。
  2. 下部にある「新規スウォッチ」ボタンをクリックして、カラーをスウォッチとして保存します。
  3. 「新規スウォッチ」ダイアログボックスが開きます。スウォッチの名前を変更し、「OK」をクリックして保存します。

濃淡カラーを作成する

作成したカラースウォッチを使用して、そのカラーを他のアートワークに適用し、そのカラーの濃淡を作成することができます。

  1. 作成したスウォッチをアートワークの塗りや線に適用します。
  2. プロパティパネルで「塗り」のカラーまたは「線」のカラーをクリックし、パネルの上部にある「カラー」オプションをクリックすることで、濃淡カラー(T)スライダーが表示されます。スライダーを左にドラッグして、カラーを明るくします。

濃淡カラーをスウォッチとして保存する

同じ濃淡カラーを他の場所にも簡単に適用し、カラーの統一感を維持するためには、濃淡カラーをスウォッチとして保存します。

  • パネル上部にある「スウォッチ」オプションをクリックします。次に、下部にある「新規スウォッチ」をクリックして、濃淡カラーを保存します。濃淡カラーはスウォッチと同じ名前ですが、名前の後に濃淡カラーの割合(%)が表示されます。
09/08/2021

Adobe Stock提供元:plasteed

プレゼンター:Brian Wood

このページは役に立ちましたか。