アートワークを使用してパターンの塗りを作成および編集する方法について説明します。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。    

学習した内容:アートワークからパターンスウォッチを作成し、塗りとして適用

パターンの作成

  • パターンに使用するアートワークを選択し、オブジェクト/パターン/作成を選択します。

パターンを作成するときは、パターン編集モードで作業します。パターン編集モードでは、パターンオプションパネルが開きます。ドキュメントウィンドウに繰り返しパターンのプレビューが表示され、パターンがパターンスウォッチとしてスウォッチパネルに保存されます。ドキュメントウィンドウの上部に灰色のバーが表示され、パターンを保存する(完了)、パターンのコピーを作成する(コピーを保存)、または操作をキャンセルするオプションが表示されます。

パターンの編集オプション

パターン編集モードでは、青いパターンタイル(ボックス)がアートワークを囲みます。デフォルトでは、パターンタイルの境界内にあるものはすべて繰り返されてパターンが作成されます。パターンタイルのアートワークを追加、削除、または編集できます。

パターンオプションパネルでは、次のようなことができます。

  • パターン名を変更します。
  • タイルの種類、またはパターンの繰り返し方法を選択します。
  • パターンタイルのサイズをアートワークに合わせます。
  • パターンタイルの幅と高さを指定します。
  • アートワークの重なり方などを設定します。

パターンオプションとアートワークの編集が終了したら、ドキュメントウィンドウの上部にある灰色のバーで「完了」をクリックして、パターンの変更を保存します。

アートワークにパターンスウォッチを適用

作成したパターンをアートワークの塗りまたは線に適用できます。

  • アートワークを選択し、プロパティパネルで塗りのカラーまたは線のカラーをクリックします。スウォッチオプションを選択した状態で、パターンスウォッチをクリックして適用します。

パターンの編集

  • パターンを編集するには、アートワークを選択した状態で、プロパティパネルの塗りのカラーまたは線のカラー(パターンを適用した方)をクリックし、スウォッチが表示されている状態でパターンスウォッチをダブルクリックして、パターン編集モードに入ります。
アドビのロゴ

アカウントにログイン