会社のセミナー、子供の運動会や誕生会など、かっこいいチラシやポスターを作るとイベントも盛り上がります。ここでは簡単なチラシやポスターを作る時に使える「イベントポスターの作り方」をご紹介します。今回のテーマは「結婚パーティ」です。

※Typekitの名称は、Adobe Fontsに変更されました。

難易度2/5

このチュートリアルで学習できる機能やサービス

パターン、TypeKit、Creative Cloud Market、文字ツール、ワープ効果、シンボル

完成イメージ

手順1/7

Illustratorでテンプレートファイルを開く

まず、ダウンロードしたテンプレートファイル(template.ai)を、Illustratorで開きます。

手順2/7

背景にパターンを敷く

既存のパターンをカスタマイズして背景に敷きます。パターンはチェック柄やストライプ柄のような、同じ図形を繰り返し配置することができる機能です。

2-1
まず、背景に既存のパターンを敷きます。

選択ツール」で背景をクリックし、コントロールパネルの「塗り」のスウォッチパネルを開きます。左下の「スウォッチライブラリメニュー」から「パターン/ベーシック/ベーシック_点」を選びます。開いたスウォッチパネルから、「6 dpi 70%」のパターンスウォッチをクリックします。

 

コントロールパネルについて
コントロールパネルは、アプリケーションメニュー「ウインドウ/コントロール」にチェックを入れると表示されます。各ツールやオブジェクトの設定にすばやくアクセスできるため、コントロールパネルを表示させておくと便利です。

 

2-2
既存のパターンの色を変えてカスタマイズします。

アプリケーションメニュー「オブジェクト/パターン/パターンを編集」からパターン編集画面を開きます。

編集可能な黒いドットをすべて選択し、コントロールパネルで「塗り」を「ペールピンク」に指定します。

 

これで、背景に既存のパターンをカスタマイズしたパターンを敷くことができました。

パターンの色は、イベントの内容に合わせてお好みの色に調整しましょう。

手順3/7

Typekitのフォントを使ってテキストを入力する

3-1
Typekitからフォントを選んで、テキストを入力します。

Typekitは、アドビが提供する無料で利用できるフォントライブラリです。Typekitには、多くの日本語、欧文フォントが用意されていて、それらはIllustratorやPhotoshopなどすべてのCreative
Cloud製品で使用できるだけでなく、アドビ製品以外のアプリケーションでも使用できます。利用方法も簡単です。

文字ツール」(1)を選択して、コントロールパネルの「文字」(2)で「Typekitからフォントを追加」(3)をクリックします。するとブラウザが開き、Typekitにアクセスします。

 

ここでは、日本語フォントの「源ノ角ゴシック」、欧文フォントの「Azote」と「Matrix II Display Inline Italic」フォントを探します。それぞれ以下の絞り込み条件で探すと簡単に見つけられます。

  • 源ノ角ゴシック ― ブラウズモード:日本語、分類:ゴシック
  • Azote ― ブラウズモード:デフォルト、分類:セリフ
  • Matrix II Display Inline Italic ― ブラウズモード:デフォルト、分類:装飾的

フォントを見つけたら、「フォントを使用」(1)をクリックし、開いたウィンドウで「選択したフォントを同期」(2)を押します。これでこれらのフォントを、Illustratorで使用できるようになりました。

 

3-2
Illustratorに戻って、テンプレートファイルに用意されているテキストエリア「TITLE1」(1)と書いてある部分をクリックして、テキストを打ち込み、コントロールパネルの「フォントファミリ」から先ほど選んだ「Matrix II Display Inline Italic」(2)フォントを選択します。テキストエリア「TITLE2」(3)には、「Azote Bold」フォントに変更してテキストを入力しましょう。

 

3-3
残りのテキストエリアに、名前、日時、開催場所を入力します。

コントロールパネルの「文字」から「源ノ角ゴシック JP」、「フォントスタイル」を「Bold」に指定して(1)、テキストエリア「新郎名」(2)、「新婦名」(3)、「月日年」(4)、「時間AM/PM」(5)、「開催場所」(6)にそれぞれテキストを入力します。

 

手順4/7

タイトルをデザインしてアクセントをつける
 

打ち込んだタイトルを「ワープ」機能でアーチ状に変形させます。さらに影もつけてデザインにアクセントをつけます。

4-1
「選択ツール」(1) でタイトルをクリックし、アプリケーションメニューの効果/ワープ/円弧(2) を選択します。

 

「ワープオプション」ダイアログで、「スタイル:円弧」(1)、「カーブ:40%」(2) に指定し、「OK」ボタン(3) を押します。

4-2
変形させたタイトルに影をつけます。

タイトルが選択された状態のままアプリケーションメニュー編集/コピーのあと、編集/背面ヘペーストをクリックします。矢印キーでペーストしたタイトルの位置を右下にずらして、コントロールパネルで「塗り」(1) を「ブロンズ」(2) に指定します。

 

これでブロンズ色にした背面のタイトルが影のように見えて、ロゴデザインのアクセントになりました。

手順5/7

Creative Cloud Marketのアイコンを使う

Creative Cloud Marketから、アイコンを選んでレイアウトします。

Creative Cloud Marketは、世界中のクリエイターが制作したアイコンやイラストなどの素材を無料で利用することができるフリー素材集サービスです。

※Creative Cloud Marketを利用するには、Creative Cloud有償サービス(フォトグラフィプランを除く)のメンバーである必要があります。体験版を有償Creative Cloud メンバーシップに切り替える ›

5-1
アプリケーションバーの右上にあるCreative Cloudアイコン(1)から、アセット/Market(2)をクリックします。すると、Creative Cloud Marketに用意されている素材の一覧が表示されます。サーチボタン(3)に、キーワードを入力すると素材を絞り込めます。

ここでは、ハートと時計、場所を示すピンのアイコンを探します。それぞれ以下のキーワードで探すと簡単に見つけられます。

  • ハート ― heart、simple、line
  • 時計 ― clock、flat
  • ピン ― pin、flat

見つけたアイコンをクリックして、「ダウンロード」ボタン(1)をクリックし、保存したいライブラリを選択(2)します。これでこれらのアイコンを、Illustratorで使用できるようになりました。

 

 

5-2
保存したアイコンの色を変更してレイアウトします。

Illustratorに戻って、「ライブラリ」パネルから先ほど指定したライブラリを選択(1)すると、保存したアイコンが表示されます。

ハートアイコンをドラッグして中央に配置し(2)、アンカーをドラッグして大きさを調整します(3)。


コントロールパネルの「塗り」(1)をクリックして「スウィッチパネル」を開き、「薔薇色」(2)を選択します。

 

同様の手順で、時計(1)とピン(2)のアイコンも配置して色を変更します。

アイコンだけでなく、写真やイメージ画像を入れたい場合は、Adobe Stockのロイヤリティーフリー画像を使用するといいでしょう。

 

手順6/7

ハッシュタグを記載する

SNS投稿用のハッシュタグを記載しておきましょう。ゲストにパーティの写真をハッシュタグ付きで投稿してもらえば、楽しい思い出がSNS上のアルバムとなって残ります。

文字ツール」(1)を選択し、「文字色:薔薇色」(2)、「フォントファミリ:源ノ角ゴシック JP」(3)、「フォントスタイル:Bold」(4)、「フォントサイズ:20 pt」(5)に指定します。ポスターの下方をクリックし、オリジナルのハッシュタグを入力(6)します。

 

 

手順7/7

シンボルイラストを使用する

最後にアクセントとして花のシンボルを配置しましょう。シンボルとは、ドキュメント内で繰り返し使えるイラストやアイコンなどのことです。Illustratorには、あらかじめ様々なシンボルが用意されています。

シンボルパネル」の「シンボルライブラリメニュー」(1)から、「」(2)を選択します。表示されたシンボル一覧の中から、「ハイビスカス」(3)を選択して、ポスター上にドラッグ&ドロップします。位置や大きさを調整して完成です。


このページは役に立ちましたか。