Illustrator CCで楕円、正方形といった基本的な図形を変形させ、オリジナルの装飾デザインを作る方法を学びます。Illustratorの便利なツールや機能を使った基本的なテクニックの引き出しを持っていれば、ロゴやアイコンの表現の幅が広がります。
1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

難易度2/5

本チュートリアル内で使用する主な機能

 アンカーポイントツール、シェイプ形成ツール、パターン、パンク・膨張効果

 

本チュートリアルを通して作れるようになるデザイン

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

Illustratorには、多種多様なアイコンやロゴ、デザインパーツを簡単に作成するためのツールや機能が詰まっています。ひとつのアイコンを作成すれば、形や模様を変えることでさまざまなバリエーションに展開することができます。ここでは、その中でも汎用性の高いハートのアイコンと、クロスハッチ(キラキラ装飾)の作り方を紹介します。

 

手順1/5

Illustratorでテンプレートファイルを開く

まず、ダウンロードしたテンプレートファイル(template.ai)を、Illustratorで開きます。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

手順2/5(ハートアイコン作成)

基本形のハートを作成する

オーソドックスなハートのシェイプを作成します。後の工程では、この基本形ハートをもとに形や模様を変化させてバリエーションを増やします。ハートはその形によって様々な作り方がありますが、ここではその中でもシンプルで効率のいい作り方を紹介します。

 

2-1

ハートのもとなる3つの円を描きます。

 

楕円ツール」(1)を選択し、画面上部のコントロールパネルで「線:黒」、「線幅:0.8pt」に設定します(2)。カンバス上をクリックし、開いたダイアログで、幅・高さ37mmに設定し、「OK」ボタンで正円を描きます(3)。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

描いた正円を右クリックし、変形拡大・縮小を選択します。開いたダイアログで、縦横比を55%に設定して「コピー」ボタンを押します。

次に、複製した正円をもとの大きな円の内側の端へ「選択ツール」で移動させ、Shift+Option(Alt)+ドラッグでもうひとつ複製しながら反対側に配置します。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

2-2

直線や曲線の始点と終点には、「アンカーポイント」と呼ばれる白い点が付いています。 この「アンカーポイント」を移動したり削除したりすることで、図形を自由自在に変形させることができます。ここでは、その「アンカーポイント」を編集して描いた正円をハート型に変形させます。

 

アンカーポイントの削除ツール」(1)で大きな正円の上部のアンカーポイントを削除します。次に、「アンカーポイントツール」(2)で、不要なハンドルを削除します。これでハート型のアウトラインができました。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

2-3

3つの正円をハート形に結合させます。

 

選択ツール」(あるいは「ダイレクト選択ツール」)で作成したハートを選択します。続いて、「シェイプ形成ツール」で、ハートの内側をドラッグでなぞり正円同士を結合させます。「塗り:赤」、「線:なし」に変更しておきましょう。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

これで、基本形のハートアイコンを作成できました。次の工程から、このアイコンのバリエーションを作成します。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

手順3/5(ハートのバリエーション作成)

ハートアイコンにパターンを適用(ドット柄、ボーダー柄、ストライプ柄)

基本形ハートアイコンの塗りに「パターン」を適用・編集して、ドット柄、ボーダー柄、ストライプ柄のハートに仕上げます。

Illustratorの最新版には、数多くの「パターン」があらかじめプリインストールされていますので、それを利用してお好みのアイコンやロゴを作成しましょう。

 

3-1:ドット柄バリエーション作成

選択ツール」(あるいは「ダイレクト選択ツール」)で基本形ハートアイコンをクリックします。

続いて、「ベーシック_点パネル」で「6 dpi 60%」のパターンスウォッチをクリックしてハートの塗りに「パターン」を適用させます。(「ベーシック_点パネル」は、アプリケーションメニューの「ウィンドウスウォッチライブラリパターンベーシックベーシック_点」で表示させることができます。)

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

パターンの各パネルは、「スウォッチパネル」の左下にある「スウォッチライブラリメニュー」から開くこともできます

 

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

適用したドットパターンの色を編集します。

 

アプリケーションメニュー「オブジェクトパターンパターンを編集」からパターン編集画面を開き、ドットの「塗り」をひとつひとつ別の色に指定してカラフルなパステルカラーにします。すべてのドットの色を変更できたら、「◯完了」ボタンでパターンの編集の完了です。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

これで、ドット柄ハートアイコンの完成です。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

便利なTIPS!

パターンオプション」の「オブジェクトと一緒にタイルを移動」のチェックをはずすと、ハートシンボルを移動させたときにパターンだけの位置を調整することができます。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

3-2:ボーダー柄バリエーション作成

3-1 と同じ要領で、「選択ツール」(あるいは「ダイレクト選択ツール」)(1)が選ばれた状態で、基本形ハートアイコンをクリックします(2)。

続いて、「ベーシック_ラインパネル」で「6 lpi 50%」(3)のパターンスウォッチを適用させます。(「ベーシック_ラインパネル」は、アプリケーションメニューの「ウィンドウスウォッチライブラリパターンベーシックベーシック_ライン」で表示させることができます。)

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

適用したボーダーパターンの色を編集します。

 

アプリケーションメニュー「オブジェクトパターンパターンを編集」からパターン編集画面を開き、編集可能な黒い罫線をすべて選択し、コントロールパネルで「線の塗り」を「水色」に指定します。

続いて、Command(Ctrl)+Shift+Aキーで選択状態を解除してから、「塗り:青」、「線:なし」に指定した「長方形ツール」でガイドに沿って正方形を描き、右クリックメニューから重ね順最背面へ で罫線の下に重ね順を変更します。「◯完了」ボタンでパターンの編集の完了です。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

これで、ボーダー柄ハートアイコンの完成です。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

3-3:ストライプ柄バリエーション作成

3-1、3-2と同じ要領で、「選択ツール」(あるいは「ダイレクト選択ツール」)(1)が選ばれた状態で、基本形ハートアイコンをクリックします(2)。

続いて、「ベーシック_テクスチャパネル」で「斜線」(3)のパターンスウォッチを適用させます。(「ベーシック_テクスチャパネル」は、アプリケーションメニュー「ウィンドウスウォッチライブラリパターンベーシックベーシック_テクスチャ」で表示させることができます。)

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

適用したストライプパターンの色を編集します。

 

アプリケーションメニュー「オブジェクトパターンパターンを編集」からパターン編集画面を開き、編集可能な黒い罫線をすべて選択し、コントロールパネルで「線の塗り:白」、「線幅:1 pt」に指定します。続いて、Command(Ctrl)+Shift+Aキーで選択状態を解除してから、「塗り:パステルピンク」、「線:なし」に指定した「長方形ツール」でガイドに沿って正方形を描き、右クリックメニューから重ね順最背面へ で罫線の下に重ね順を変更します。「◯完了」ボタンでパターンの編集の完了です。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

これで、ストライプ柄ハートアイコンの完成です。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

その他、パターンを活用したバリエーション例

これらの他にも、動物柄や植物柄、伝統的な模様など、一から作るのが難しいパターンがIllustratorには多数用意されています。それらすべてカスタマイズ可能ですので、うまく活用して自分だけのオリジナルのパターンを作成しましょう。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

手順4/5(作成したアイコンをパターン化)

ハートアイコンをパターンとして使用

ここまでの工程で、パターンを活用したハートのデザインバリエーションを紹介しましたが、そのハート自体をパターンとして登録することもできます。この工程では、その手順を解説します。

 

4-1

基本形ハートアイコンを、パターン化します。

 

カンバス上の基本形ハートアイコンを「スウォッチパネル」へドラッグ&ドロップします。これだけで、ハートアイコンのパターン登録は完了です。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

4-2

次に、登録したハートパターンを編集しましょう。このままでは、ひとつひとつのハートが大きすぎるため縮小させます。

 

先ほど「スウォッチパネル」へ追加したパターンスウォッチをダブルクリックして、編集画面を開きます。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

選択可能なハートシンボルを選択し、右クリックメニューの変形拡大・縮小(1)をクリックします。開いたダイアログで、「縦横比を固定:15%」(2) に設定し、「OK」ボタン(3)を押します。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

パターンオプションパネル」で、「名前:ハートパターン」(1) 、「タイルの種類:六角形(縦)」( 2) 、「縦横比を維持」がオン(3)になった状態で「幅:9mm」(4)に設定して、画面上部の「◯完了」ボタン(5)を押します。これでパータンの編集が完了です。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

4-3

編集したハートパターンを、基本形ハートアイコンの塗りに適用させてみましょう。

 

基本形ハートアイコンを「選択ツール」(1) でクリックし、「アピアランスパネル」の「塗り」を先ほど登録したハートパターンに指定します(2)。「線の塗り」は「」に指定しましょう(3)。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

ハートアイコンの位置はそのままにパターンの位置のみを移動させるには、右クリックメニューの変形移動 で「移動ダイアログ」を開き、「オプション」の「オブジェクトの変形」のチェックをはずし、「パターンの変形」にチェックを入れた状態で移動させます。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

これで、ハートパターンアイコンの完成です。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

手順5/5(クロスハッチ)

クロスハッチ(キラキラ装飾)を作成

正方形を変形させて、クロスハッチ(キラキラ装飾)を作成します。

長方形ツール」を使ってShift+ドラッグで正方形を描き、45°回転させて菱形にします。

続いて、アプリケーションメニューの「効果パスの変形パンク・膨張」をクリックし、開いたダイアログで、「縮小膨張:-60%」に設定します。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

これで、クロスハッチ(キラキラ装飾)の完成です。色や大きさを変更したり、他のお好みのオブジェクトと組み合わせて楽しく装飾しましょう。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

 

以上の手順でハートアイコンとそのバリエーション、クロスハッチアイコンの完成です。作成したアイコンは、イベントチラシ、Webバナー、店内ポップなどのいろいろなデザインに活用しましょう。

1分で作れる!アイコン、ロゴ、デザイン制作に役立つパターン作りのテクニック

[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

学生や教職員の皆様はお得な学割プラン(学生・教職員個人版)もご利用いただけます。学生・教職員個人版の詳細 ›

このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ