Creative Cloud ライブラリのメリットは、共有素材に修正が発生したとき、すべてのデザインファイルに一括でその修正を反映させられることにあります。チーム作業の効率を上げて、クリエイティビティを発揮しましょう。

Creative Cloud ライブラリの3つの大きなメリット

Creative Cloud ライブラリを使用すれば、カラー、ブラシ、画像、動画、文字スタイル、段落スタイルなど、よく使う素材にいつでもどこでもアクセス・管理することができるので探す手間を省けます。それらの素材は、すべてのアドビの主要アプリで使用可能で、ひとつの素材を変更すれば一括で共有しているすべてのアプリに反映させることができます。個人でも、チームでもシームレスで効率的なクリエイティブワークフローを実現できます。

手順1

共通素材をライブラリに保存

デザインで使用する素材ファイルを、Creative Cloud ライブラリのライブラリに保存します。

Illustratorで素材ファイルを開きます。

アプリケーションメニューのウィンドウからライブラリにチェックを入れ、「ライブラリパネル」を表示します。作成したアイコンを選択し、「ライブラリパネル」にドラッグ&ドロップします。

同様に、キーカラーやテキストもライブラリに保存します。

手順2

ライブラリをチームメンバーに共有

チームメンバーにライブラリを共有します。その際に編集権限を与えることができるので、制作ワークフローの効率化を図れます。

ライブラリパネル」のパネルメニューから「共同利用」を選択します。

手順3

ライブラリをチームメンバーに共有

チームメンバーにライブラリを共有します。その際に編集権限を与えることができるので、制作ワークフローの効率化を図れます。

ライブラリパネル」のパネルメニューから「共同利用」を選択します。

 

ブラウザウィンドウが表示されたら、共有するメンバーのメールアドレスを入力します。「編集可能」が選択されているのを確認し、「招待」をクリックします。

手順4

共有ライブラリのグラフィックを編集

招待が届いたチームメンバーがアイコンを編集します。

招待メールが届いたら「招待に応じる」からCreative Cloud ライブラリにアクセスし、招待に同意します。

 

Illustratorを開き、アプリケーションメニューのウィンドウからライブラリにチェックを入れます。
表示された「ライブラリパネル」で、共有されたライブラリを選択します。

 

表示された素材の中から変更したいアイコンを選び、右クリックメニューから「編集」をクリックします。

 

アイコンの編集画面が開くので、アイコンの色を変更します。
※「閲覧のみ」設定の方は編集はできません。

手順5

最新のグラフィックをチームで共有

再度、Illustratorで手順2の制作ファイルを開きます。

すると、アイコンに編集内容が同期・反映されていることが確認できます。これで常に最新の状態をチームで共有することができます。

手順6(オプション)

ライブラリのアイコンをもとに、別のアイコンを作成する

ライブラリに保存してあるアイコンをベースにして、別のアイコンを作成します。

Illustratorの「ライブラリパネル」で、共有中のライブラリを選択し、ベースとなるアイコンをドラッグ&ドロップします。このときに、「optionキー」を押しながらドラッグ&ドロップすることでライブラリとのリンクを解除することができます。リンクを解除すると、アイコンを編集してもライブラリには反映されません。

 

アイコンを編集します。編集したアイコンをライブラリに保存すれば新しい共有素材としてチーム間で共有できます。


[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ