最後の最後にシンボルカラーを変えたい?心配いりません。グローバルカラースウォッチを使用すれば簡単にカラーを変更できます。様々なカラーを自由に試してください。Adobe Illustratorを使用すれば、他のアートボードも含め、すべてのデザインに自動的に反映できます。
205 Coffee Roastersという会社の黄色、グレー、茶色、白の名刺や販売促進素材

練習用ファイル、またはご自身のファイルを開きます。まず、新しいカラースウォッチを作成します。スウォッチは後から何度でも編集できます。スウォッチパネル(ウィンドウ/スウォッチ)で、「新規スウォッチ」アイコンをクリックします。任意のカラーを指定し、後で識別しやすい「名前」を付けます。デフォルトでは「グローバル」が選択されています。

新しいグローバルカラーがスウォッチパネルに追加されます(右下隅に三角が表示されているアイコンがグローバルカラースウォッチです)。このカラーをアートボード上のロゴ、テキスト、その他のオブジェクトに適用します。

205 Coffee Roastersのロゴの0が白黒のコーヒーカップに置き換えられています。スウォッチパネルには明るいグレーの色相が表示されています

グローバルカラーを変更すると、同じカラーが適用されたオブジェクトすべてが一気に更新されるため、デザインを何度でも試すことができます。実際に試してみてください。カンバス上ですべての選択を解除します。次にグローバルカラースウォッチをダブルクリックして、属性を変更します。「プレビュー」をオンにすれば、アートワークのプレビューをその場で確認できます。

スウォッチパネルに205 Coffee Roastersの販売促進素材のカラーが表示されています。グローバルカラーはカラーのすべてのインスタンスに影響します

この練習ではいくつかのカラーを試し、ロゴが最も引き立つカラーを見つけました。

205 Coffee Roastersのロゴの4つのインスタンス、中央のコーヒーカップをそれぞれピンク、ティール、緑色、明るいグレーにしています

最初にグローバルカラースウォッチを設定してから、その他の便利な機能をうまく使用すれば、デザイン作業が大幅に効率化できます。皆さん、あるいはクライアントが最後の最後でロゴのカラーを変更したいと考えたとしても、グローバルカラースウォッチが適用されていれば、あっという間にカラーを変更できます。もうデザイン要素を個別に編集する必要はありません。

08/31/2021

Adobe Stock提供元:Patrick

このページは役に立ちましたか。