New normalというテーマで集めた50個のアイコン素材を、メンバーシップ特典として無料で提供しています。そのアイコン素材を活⽤して、ポスターを制作してみましょう。ポスターのテンプレートもついているので、初⼼者でも簡単に制作できます。

難易度2/5


 

本チュートリアル内で使⽤する主な機能

レイヤー、Adobe Fonts、クリッピングマスク、整列パネル、⽂字ツール、ダイレクト選択ツール

 

⼿順

1. Illustratorでテンプレートファイルを開く

2. 写真を配置して調整する

3. アイコンを配置する

4. アイコンを編集する

5. ⽂字を⼊⼒する

6. 下線の⻑さを調整する

 

⼿順1/6

Illustratorでテンプレートファイルを開く

作業に⼊る前に、テンプレートとアイコン素材を含むサンプルファイルをこちらからダウンロードしてください。

Illustratorを起動し、スタート画⾯の「開く」をクリックするか、「ファイル」→「開く」を選択します。ダウンロードしたテンプレートファイル「poster_template.ai」を選択し、「開く」をクリックします。

ドキュメントで使⽤しているフォントがコンピューターにない場合は、「環境に無いフォント」ダイアログが表⽰されます。「フォントをアクティベート」をクリックすると、AdobeFontsからフォントが⾃動的にダウンロードされ、使⽤できるようになります。

 

テンプレートファイルを開いたら、どのような構造になっているかを確認してみましょう。「ウィンドウ」→「レイヤー」を選択し、レイヤーパネルを開きます。

外枠、テキスト‧アイコン、写真など、各要素ごとにレイヤー分けされており、編集の際はその要素が含まれるレイヤーを選択します。編集しないレイヤーはロックをかけておくと、作業がしやすくなります。

⼿順2/6

写真を配置して調整する

  1. レイヤーパネルで「写真」を選択し、続いて「ファイル」→「配置」を選択します。ダウンロードしたサンプルファイル「photo.jpeg」を選択し、「配置」をクリックします。
  2. ドキュメント上に写真が配置されたら、写真を選択した状態で右クリックし、コンテクストメニューから「重ね順」→「最背⾯へ」を選択します。写真がグレーの四⾓形の下に配置されます。
  3. グレーの四⾓形と写真の2つを選択し、右クリックでコンテクストメニューを開き、「クリッピングマスクを作成」を選択します。写真がグレーの四⾓形で切り抜かれます。
  4. 写真をダブルクリックすると、写真以外の要素が半透明になり、写真だけを編集することができます。写真をクリックしてバウンディングボックスを表⽰し、ハンドルをドラッグして拡⼤縮⼩したり、写真をドラッグして位置を調整します。
  5. 調整ができたら、画⾯左上の「⬅」ボタンをクリックして、元の編集画⾯に戻ります。

⼿順3/6

アイコンを配置する

  1. 「ファイル」→「開く」を選択します。ダウンロードしたサンプルファイル「50icons_master_Fix.ai」を選択し、「開く」をクリックします。
  2. アイコン素材のドキュメントが別ウィンドウで開いたら、使いたいアイコンを選択し、「Control + C」キー(Windows)または「Command + C」キー(Mac)を押してコピーします。
  3. ウィンドウを切り替えて元のドキュメントに戻り、レイヤーパネルから「テキスト‧アイコン」を選択します。
  4. 「Control + V」キー(Windows)または「Command + V」キー(Mac)を押してアイコンをぺーストします。
  5. バウンディングボックスのハンドルをドラッグして⼤きさを調整し、テキストの左にある円の中に配置します。
  6. アイコンを選択した状態で、「ウィンドウ」→「スウォッチ」を選択し、スウォッチパネルにある⻩⾊をクリックします。この時、カラーの適⽤対象が「塗り」になっていることを確認してください。同じ要領で5つのアイコンを配置します。

⼿順4/6

アイコンを編集する

アイコンはベクターで作成されているため、⾃由に編集することが可能です。ここでは、家のアイコンに、ドアを追加してみます。

  1. ⻑⽅形ツールを選択して、家のアイコンの上に四⾓形を描きます。「塗り」をなし、「線」を黒に設定します。
  2. 選択ツールで四⾓形と家のアイコンを⼀緒に選択し、整列パネル(「ウィンドウ」→「整列」)の「⽔平⽅向中央に整列」を選択します。
  3. ダイレクト選択ツールに切り替えて、四⾓形の底辺をクリックし、「delete」キーを押して削除します。
  4. ダイレクト選択ツールで四⾓形の左下および右下のアンカーポイントを⼀緒に選択し、Shiftキーを押しながらドラッグして、⻑さを家のアイコンの底辺に合わせます。
  5. 今度は左上および右上のアンカーポイントを⼀緒に選択し、◉が表⽰されたら、どちらか1つをクリックして内側にドラッグします。これで2つの⾓が、⾓丸になりました。
  6. 四⾓形を選択した状態で、線パネル(「ウィンドウ」→「線」)を開き、家のアイコンと同じ線幅(11pt)に揃えます。

⼿順5/6

⽂字を⼊⼒する

  1. レイヤーパネルから「テキスト‧アイコン」を選択します。
  2. ⽂字ツールを選択して、テキストをクリックをし、「Control + A」キー(Windows)または「Command + A」キー(Mac)を押してテキスト全体を選択します。
  3. ⽂字を⼊⼒します。5つのテキストを全て打ち替えます。

⼿順6/6

下線を調整する

テキストの⻑さが変わったので、それに合わせて下線の⻑さも調整します。

  1. レイヤーパネルから「⻩⾊下線」を選択します。
  2. ダイレクト選択ツールで下線を選択し、両端のアンカーポイントのどちらかをクリックします。
  3. 「Shift」キーを押しながらドラッグして、⻑さを調整します。

 

アイコン素材は、ポスターの他にもチラシやカード、webページなどに活⽤できます。Illustratorで⾊を変えたり、カタチを編集したりして、いろいろと試してみてください。

このページは役に立ちましたか。