Adobe Illustrator CC

ロゴをデザインする

ベクターシェイプを使用して、画面や紙面で見栄えの良いロゴを作成します。ベクターアートは、品質を損なうことなく、名刺から看板まで、あらゆるサイズに変更できます。

1. ロゴのプロジェクトのセットアップ

新規ドキュメントを開き、ワークスペースを設定します。ベースとなるイメージとして使用するサンプル画像を読み込み、レイヤーパネルでアートワークを簡単に管理します。

新規ドキュメントの作成(0:50)、ワークスペースのリセット(1:28)、参照画像の配置(2:00)、レイヤーパネルを開く(2:25)

2. 基本的なシェイプを使用して、複雑なアートを作成する

長方形、三角形、円、フリーフォームのシェイプを組み合わせてアートワークを作成します。スマートガイドに従って、様々な要素をきれいに配置します。

スマートガイドの有効化(0:12)、ライブシェイプの操作(1:13)、フリーフォームシェイプの描画(4:28)

3. カラーを追加する

使用するカラーを選択します。あらかじめ用意されている膨大なカラーセットのコレクションをご利用ください。ロゴのカラーやシェイプをすぐに使えるようにしておくには、それらをAdobe Creative Cloudライブラリに追加します。

カラーの編集(0:56)、 ライブラリへのカラーの保存(1:19)、 カラーライブラリの検討(2:50)、 線の適用(4:05)

4. ロゴを微調整する

シェイプのサイズを調整して、回転し、ピザのトッピングを組み立てます。

シェイプの回転(1:05)、 シェイプの変更(1:16)、 ライブラリからのカラーの再利用(3:51)

5. テキストを追加する

Illustratorのパワフルなテキスト機能を使用し、屋号を追加して、ロゴを仕上げます。Creative Cloudメンバーなら、Adobe Typekitの高品質な書体が多数揃ったライブラリから選ぶことができます。

テキストの追加(0:36)、 フォントの変更(1:08)、 Typekitからのフォントの追加(1:24)、 文字間のスペースの追加(2:35)

6. ロゴのプレビューと保存

Tシャツや名刺といった日常使用するアイテムのモックアップで外観を確認してください。ロゴのアートワークを印刷用に保存する方法、PDFとして共有する方法、Webに投稿する方法などを説明します。

ライブラリへのロゴの追加(1:03)、 PDFとして保存(2:11)、 Webでの使用のための保存(2:56)、 サンプルロゴの表示(4:51)

 

これですべての作業が終わりました。チュートリアルをさらに役立つものにするために、アンケートにご協力ください。

 

02/16/2017
Brian Wood
このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ