もうすぐクリスマス!大切なあの人へ贈るクリスマスカードをお使いのIllustratorで作ろう。モバイルアプリCapture CCと組み合わせれば、温かみのある手描きイラストを簡単にIllustratorに取り込んで使うことができます。
手描き風のクリスマスカードの作り方

難易度1.5/5

このチュートリアルで学習できる機能やサービス

Capture CC、Creative Cloudライブラリ、Adobe Fonts、ライブペイントツール、文字ツール、ワープ効果

完成イメージ

手描き風のクリスマスカードの作り方

手順1/4

手描きイラストをCapture CCで取り込む

Adobe Capture CCを使って手描きイラストの輪郭を自動検出し、イラストデータ化します。イラストは事前に描いておきましょう。

Capture CCを起動し、「シェイプ」(1)からプラスボタン(2)をタップしてカメラを起動します。

手描き風のクリスマスカードの作り方

 

手描きイラストにカメラを向けると、緑のラインで輪郭を検出してくれているのがわかります。ここからの取り込み作業がイラストデータの完成度を左右するので、次の3つのポイントに注意しつつ、丁寧に進めましょう。


[きれいに取り込むためのポイント]
・ポイント1:用紙やペンの色
  罫線や紙の色も認識します。紙質は無地、ペンは黒色ではっきりしたラインの出るものが推奨です。
・ポイント2:カメラの位置
  イラストの真上にカメラを構えて撮影することで、シェイプが歪むのを防ぎます。
・ポイント3:明るさ
  鮮明に輪郭を検出させるため、なるべく明るいところで撮影しましょう。

 

手描き風のクリスマスカードの作り方

 [イラストデータの取り込み方]
1. イラストに合わせる
 画面の中で緑色になっているところが、トレースされる部分です。画面下のスライダーを動かす事で、トレースの精度を細かく調整できます。塗りつぶされる領域を確認しながら調整しましょう。


2. トレースの精度を調整して確定
 仕上がりのイメージに使い状態になったら、画面下中央にある「キャプチャボタン」をタップします。


3. イラストに含めない要素を除去
 不要な部分まで取り込まれているようなら、画面下中央の「パスの除去」が選んでから指でなぞって除去します。色が薄くなった部分はトレース対象外となります。誤って不要ではない部分まで白くなってしまったら…下部のボタンを「パスの選択」に切り替えて調整します。


4. 名前を付けて保存
 細かい部分はIllustratorでも修正可能ですので、ある程度輪郭が決まったら、名前を付けて「シェイプを保存」で保存します。ここでは「サンタ」という名前で保存します。

 

 これで手描きイラストが、Illustratorで扱えるデータとしてCreative Cloudライブラリに保存されました。

 

 [しくみの解説]
Capture CCで作成したイラストは、Creative Cloud上に保存されます。PC上のアプリケーションでは、ライブラリパネルを通して保存されたパーツを一覧し、取得して利用することができます。「Creative Cloud ライブラリ」は、モバイルアプリと、PC上のアプリケーションで使用する、「自分のオリジナル素材」をネットワークを通じて追加、取得、管理することができるCreative Cloudのサービスです。
※モバイルアプリとPC上のアプリケーションが同じAdobe IDでサインインされていることで同期します。

 

 

手順2/4

イラストデータをIllustratorに読み込む

Capture CCで取り込んだイラストデータを、Illustratorに読み込みます。

2-1

まず、ダウンロードしたテンプレートファイル(template.ai)を、Illustratorで開きます。

手描き風のクリスマスカードの作り方

 

2-2

ライブラリ」パネルを確認すると、先ほどCapture CCで取り込んだイラストが表示されています。


サンタのイラストをドラッグしてテンプレートの中央に配置します(1)。配置直後のイラストは選択された状態になっています。四隅のアンカー(□の部分)にマウスポインタを合わせ、ドラッグすると大きさが調整できます。このときShiftキーを押しながらドラッグすると、縦横比を固定した状態で拡大縮小できます(2)。

手描き風のクリスマスカードの作り方

手順3/4

サンタを着色する

Illustratorに読み込んだサンタを着色します。「ライブペイントツール」で塗り絵感覚で簡単に着色することができます。

3-1

イラストを選択した状態で、「ライブペイントツール」に切り替え、塗りたい色を選びましょう。


画面上部のコントロールパネルから、「スウォッチパネル」をクリックして「赤」を選びます。サンタの帽子と服をクリックして、着色していきます。

手描き風のクリスマスカードの作り方

 

3-2

塗りの色を変更して、他の部分も着色します。

手描き風のクリスマスカードの作り方

 

3-3

同様の手順で、Capture CCを使って手描きの粉雪や雪の結晶を取り込んで賑やかにデザインにしましょう。

手描き風のクリスマスカードの作り方

手順4/4

Adobe Fontsのフォントを使ってロゴを作成する

Adobe Fontsからクリスマスに合うフォントを選んでロゴを作ります。ロゴは「ワープ」機能でアーチ状にします。


Adobe Fontsは、アドビが提供する無料で利用できるフォントライブラリです。Typekitには、多くの日本語、欧文フォントが用意されていて、それらはIllustratorやPhotoshopなどすべてのCreative Cloud製品で使用できるだけでなく、Adobe製品以外のアプリケーションでも使用できます。利用方法も簡単です。

Adobe Fontsの使い方はこちら ›

4-1

文字ツール」(1)でサンタの上のスペースをクリックして、「Merry Christmas」と入力します(2)。文字色は「赤」(2)、フォントサイズは「38 pt」(3)に指定しておきましょう。

手描き風のクリスマスカードの作り方

 

4-2

文字を選択した状態で、コントロールパネルの「フォントファミリを設定」のプルダウンメニューを展開し、「さらに検索」をクリックすると、Adobe Fontsで使用可能なフォントが全て表示されます。

 

各フォントの右横にサンプルテキストが表示されるので、スクロールしてお気に入りのフォントを探します。使用したいフォントが決まっている場合は、そのフォント名を入力フィールドに入力します。ここでは、「Spumante」と入力します。

 

「Spumante」フォントファミリーが表示されるので、「Spumante Bold」を選択します。右端のクラウドアイコンをクリックすると、「このフォントをアクビティベートしますか?」というメッセージ面が表示されるので、「OK」をクリックします。テキストに「Spumante Bold」が適用されます。

手描き風のクリスマスカードの作り方

 

フォントがアクティベートされると、クラウドアイコンにチェックマークが付き、Illustratorや他のアプリケーションで使用できるようになります。他のフォントをアクティベートする場合も同様の操作を行います。アクティベートできるフォントの数に制限はありません。

 

※Adobe Fontsは、 Creative Cloudの全ての優勝プランで利用することができます。 Creative Cloudのフリーメンバーシップ(無料)でも、一部の基本フォントを使用することができます。

Adobe Fontsの利用はこちらから>

4-3

選択ツール」(1) で入力した文字をクリックし、アプリケーションメニューの効果ワープ円弧(2) を選択します。

手描き風のクリスマスカードの作り方

 

ワープオプション」ダイアログで、「スタイル:円弧」(1)、「カーブ:26%」(2) に指定し、「OK」ボタン(3) を押します。

手描き風のクリスマスカードの作り方

 

4-4
続いて、メッセージテキストも打ち込んでおきましょう。
文字ツール」(1)のコントロールパネル「フォントファミリを設定」から、「漢字タイポス415 Std」フォントを探しましょう。フォントを同期し、サンタの下のスペースにメッセージを入力します。文字色を「緑」(3)に指定して完成です。

手描き風のクリスマスカードの作り方

 

[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

学生や教職員の皆様はお得な学割プラン(学生・教職員個人版)もご利用いただけます。学生・教職員個人版の詳細 ›

このページは役に立ちましたか。