カジュアルな集まりでさっと渡して注目を集めるプライベート名刺を作成してみましょう。IllustratorおよびCreative Cloudで使えるロイヤリティフリー素材を使用して、すばやく手軽に作成する方法を説明します。サンプルファイルを使って、実際にお試しください。
Illustratorでプライベート名刺をすばやく手軽に作成する

手順1/5

新規ドキュメントを用意する

まず、サンプルファイルをダウンロードし、Illustratorで開きます。アートボードが2つできており、左(練習用)が名刺サイズの白紙の新規ドキュメント、右(見本)は完成形です。

新規ドキュメントを用意する

名刺のサイズを変えたい場合は、アートボードツール(1)を選択して、幅(W)と高さ(H)を指定します(2)。

名刺のサイズを変える

手順2/5

名刺の背景を作成する

新規レイヤーを作成して、長方形ツール(1)を選択し、アートボード上でクリックするとダイアログ(2)が表示されるので、サイズ(幅=91、高さ=45mm)を入力します。次にカラーパネル(3)で塗りを指定します。位置は、左上の基準点がX=0、Y=0mm(4)になるように指定します。

名刺の背景を作成する

手順3/5

イラスト素材を使って、名刺ロゴを作成する

イラストの素材を、Creative Cloud Marketからダウンロードします。Creative Cloudデスクトップアプリケーションから、アセット/Marketを選択します。検索窓(1)に「肉球」と入力すると、いくつかのイラストが表示されます。


お気に入りの素材が見つかったら、カーソルを乗せると右下にクラウドのアイコン(2)が表示されるので、「ライブラリを作成」をクリックし、ライブラリ名「名刺」を入力して保存します。
 

イラスト素材を使って、名刺ロゴを作成する

ウィンドウ/ライブラリからライブラリパネルを開き、ライブラリ「名刺」を選択すると、Creative Cloud Marketで保存したイラストが表示されます(1)。それをアートボード上にドラッグし、縦横比を固定して、W(幅)を12mmに指定します(2)。


※ライブラリは素材置き場として活用ください。
 

次に、楕円形ツール(1)を選択して、アートボード上でクリックし、ダイアログで幅:17mm、高さ:17mmを入力します。円のシェイプを作成したら、オブジェクト/重ね順/背面へを選択します。

イラストをドラッグして、円の真ん中にくるように重ねます。円とイラストの両方を選択した状態で、ウィンドウ/パスファインダーを選択してパネル(1)を開き、「前面オブジェクトで型抜き」をクリックすると、背面の円が肉球のイラストの型で切り抜かれます。

カラーパネル(1)で、オブジェクトの塗りの色を指定します。

手順4/5

文字を配置する

新規レイヤーを作成し、文字ツール(1)で名前、メールやSNSのアドレスを入力します。ウィンドウ/書式/文字を選択して文字パネル(2)を開きます。好きなフォントを選んだり、サイズ、行間などを指定します。

手順5/5

SNSアイコンを追加する

最後に、SNSのアイコンを配置してみましょう。再びCreative Cloud Marketにアクセスして、検索窓に「facebook」と入力すると(1)、数種類のfacebookアイコンが表示されるので、好みのものを選んでライブラリ「名刺」に保存します(2)。

Illustratorのライブラリパネルからfacebookアイコンをドラッグして、サイズと位置を調整します。同様にTwitterやInstagramなどのアイコンを追加します。これでプライベート名刺の完成です。

作成した名刺は、コンテンツをアレンジしてプリントしたりPDFに書き出したり活用ください。



今回はIllustratorを使って手軽にプライベート名刺を作成する方法をご紹介しましたが、その他にもLINEスタンプやTシャツ、年賀状など様々なアイテムを簡単に作成することができます。下記のチュートリアルもぜひ参照ください。

 

[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

このページは役に立ちましたか。