日本語のタイトルやロゴをデザインするときにヒントとなりそうなアイデアと作り方を6個紹介します。いつものフォントで入力した文字にひと手間加えて、楽しくてインパクトのあるタイトル文字を作りましょう
目の引く文字デザインの作成方法:初級編

難易度2/5

本チュートリアル内で使用する主な機能

アピアランス、文字ツール、文字タッチツール、アウトライン化、消しゴムツール、ペンツール

 


 

方法 1/6

マドの中を塗る

目の引く文字デザインの作成方法:初級編

1-1.

「文字ツール(T)」①を選択し、アートボード上をクリックして「銀河鉄道の夜」というテキストを作成します②。

1-2.

入力した文字を選択した状態で、「文字パネル」(ウインドウ → 書式 →  文字)を開きます。検索ボックス⓷の右にある「v」をクリックし、プルダウンのフォントメニュー④から使用したいフォントを選びます。

目の引く文字デザインの作成方法:初級編

 

ヒント:

Illustrator CCでは、コンピューターにインストールされたフォント以外にも、Creative CloudのフォントサービスであるAdobe Fontsから様々な種類のフォントを検索して使用できます。「文字パネル」から表示したフォントメニューの「さらに検索」タブ①をクリックすると、Adobe Fontsで使用可能なフォントがすべて表示されます。使用したいフォントの右端にあるクラウドマーク②をクリックすると、フォントがアクティベートされ、Illustratorやその他のアプリで使用できるようになります。

1-3.

文字を個別のオブジェクトとして編集するため、パスデータに変換します。これをアウトライン化と言います。「選択ツール」で文字を選択し、「書式 」→ 「アウトラインを作成」をクリックします。

文字をアウトライン化すると、テキスト情報が破棄されるため、フォントの変更や文字の打ち替えはできなくなります。

1-4.

続いて、文字のマドに色を追加していきますが、まず使用するカラーをスウォッチとして登録します。「スウォッチパネル」(ウインドウ → スウォッチ)を開き、下部の「新規スウォッチ」ボタンをクリックします。「新規スウォッチ」パネルが開くので、数値を入力してカラーを指定し、「OK」をクリックします。カラーがスウォッチパネルに追加されたら、同じ手順で計3つのカラースウォッチを作成します。

作成した3つカラースウォッチをすべて選択し、パネル下部の「新規カラーグループ」ボタンをクリックします。名前を入力し、「OK」をクリックします。スウォッチパネルに3つのカラーを含むカラーグループが追加されました。

1-5.

アウトラインテキストを選択した状態で、「オブジェクト」→「ライブペイント」→「作成」をクリックします。これでアウトラインテキストが、ライブペイントグループに変換されました。

1-6.

「ライブペイントツール(K)」を選択し、スウォッチパネルに追加したカラーグループを選択します。カーソル上に3つのカラーが表示され、中央に表示されているカラーが現在選択されているカラーになります。キーボードの矢印キー「←」「→」を押すと、別のカラーに切り替えることができます。

文字のマドの部分にカーソルを置くと、マドの内側が赤い線で囲まれるので、クリックすると選択されているカラーが適用されます。好みのカラーに切り替えながら、文字のマドに着色していきます。

方法 2/6

混植する

目の引く文字デザインの作成方法:初級編

2-1.

「文字ツール(T)」を選択し、アートボード上をクリックして「春と修羅」というテキストを作成します。

2-2.

次に「文字タッチツール(Shift+T)」に切り替えます。文字タッチツールを使用すると、テキストを1文字ずつ選択し、フォントやサイズを変更したり、位置を移動したり回転したりすることができます。ここでは、「と」の文字を選択し、「文字パネル」から別のフォントを選んで適用します。

目の引く文字デザインの作成方法:初級編

2-3.

今度は、バウンディングボックスのコーナーハンドルを内側方向にドラッグし、サイズを縮小します。縮小された分だけ、両隣の文字の空きが自動で詰まります。次に、「と」の文字を下方向にドラッグして移動し、他の文字とベースラインを揃えます。

 

 

方法 3/6

先端にモチーフをつける

目の引く文字デザインの作成方法:初級編

3-1

「文字ツール(T)」を選択し、アートボード上をクリックして「いちょうの実」というテキストを作成します。作成したテキストを選択し、文字パネルから好みのフォントを選択します。

3-2.

テキストを選択した状態で、「書式 」→ 「アウトラインを作成」をクリックし、テキストをアウトライン化します。

3-3.

次に「塗りブラシツール(Shift+B)」①を選択し、ツールアイコンをダブルクリックしてオプションを表示します。ブラシのサイズ②を「20pt」に変更し、「OK」③をクリックします。

目の引く文字デザインの作成方法:初級編

3-4.

文字の先端に丸を足して装飾していきます。塗りブラシツールで丸を足したい部分をクリックします。丸のサイズを変更したい時は、再度、塗りブラシツールのアイコンをダブルクリックしてオプションを表示するか、キーボードの「 [ 」「 ]」キーを押してブラシのサイズを変更することができます。好みの雰囲気になるまで調整してみましょう。

目の引く文字デザインの作成方法:初級編

 

 

方法 4/6

斜体にする

目の引く文字デザインの作成方法:初級編

4-1.

「文字ツール(T)」で「鳥の北斗七星」というテキストを作成し、好みのフォントを選択します。

4-2.

テキストを選択した状態で、「変形パネル」(ウインドウ → 変形)を開き、「シアー」①のプルダウンメニューから「10°」②を選択します。斜体がないフォントにも簡単に斜体効果をつけることができます。

目の引く文字デザインの作成方法:初級編

 

 

方法 5/6

文字の要素をバラバラにする

目の引く文字デザインの作成方法:初級編

5-1.

「文字ツール(T)」を選択し、アートボード上をクリックして「沼 森」というテキストを作成します。続いて、フォントを選択し、アウトラインを作成します。

※アウトラインの作成方法:

テキストを選択した状態で、「書式 」→ 「アウトラインを作成」をクリックし、テキストをアウトライン化します。

5-2.

「選択ツール(V)」でアウトラインテキストをダブルクリックすると、「編集モード」になります。さらに「沼」の文字をダブルクリックすると、文字の要素を個別に編集できるようになります。文字の要素をバラバラに移動してみましょう。この時、「沼」の文字以外は編集できない状態になります。

5-3.

「編集モード」を解除するには、アートボードの余白の部分をダブルクリックします。今度は、同様の操作で「森」の文字要素をバラバラにしてみましょう。

目の引く文字デザインの作成方法:初級編

 

 

方法 6/6

配置を工夫する

目の引く文字デザインの作成方法:初級編

6-1.

「文字ツール(T)」を選択し、アートボード上をクリックして「やまなし」というテキストを作成します。文字パネルからフォントを選択したら、ツールパネルで「文字タッチツール(Shift + T)」に切り替えます。

目の引く文字デザインの作成方法:初級編

6-2.

配置を変えたい文字、ここでは「や」と「な」をそれぞれ選択して上に移動させます。キーボードの「↑」「↓」を使うと、左右にずれることなくキレイに配置できます。

目の引く文字デザインの作成方法:初級編

6-3.

文字タッチツールは、文字の移動だけではなく回転やサイズの変更なども直感的に行えますので、文字表現の幅が格段に広がります。

目の引く文字デザインの作成方法:初級編

また「文字タッチツール」で作成したものは、Illustratorの下位バージョンでもベースラインシフトなどの設定を保持しているため、アウトライン化して保存し直す必要はありません。

いかがでしたか、普段は入力するだけだった文字もIllustratorにあるさまざまなツールを利用すれば、1からデザインすることなく、インパクトのあるタイトル文字へと変身させることができます。

すでにCreative Cloudを契約されている方なら、Adobe Fontsから15,000を超える高品質なフォントを追加料金なしで使用することができます。今回学んだ加工方法と合わせてタイポグラフィー制作をぜひお楽しみください。

 

 

◆Creative Cloudメンバー限定特典: 無料オンライン講座◆

初心者向けのIllustratorオンライン講座を実施中!過去の動画もいつでも、どこからでも見ることができます。※動画の閲覧にはAdobe IDでのログインが必要です。

詳しくはこちら


   

Creative Cloudでは、Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのセット、全ての製品・サービスのみが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。学生や教職員の皆様はお得な学割プランをご利用ください。

ご購入はこちら >

このページは役に立ちましたか。