Illustrator CCで、長方形や楕円などの基本的な図形を組み合わせて、オリジナルのキャラクターロゴを簡単に作成する方法を説明します。

難易度2/5

本チュートリアル内で使用する主な機能

図形ツール、ライブコーナー、変形パネル、シェイプ形成ツール

 

完成までのステップ

図形の組み合わせでキャラクターロゴを作成する

手順

  1. キャラクターの輪郭を描く
  2. キャラクターの目を描く
  3. 片方の目をアレンジする
  4. キャラクターのくちばしを描く
  5. キャラクターに色を付ける

手順 1/5

キャラクターの輪郭を描く

新規ドキュメントを開きます。「ツールパネル」から「長方形ツール」を選択し、アートボード上をドラッグして縦長の長方形を作成します。


次に、「ダイレクト選択ツール」を選択し、長方形の上部2つの角が選択されるようにドラッグします。角の内側に丸い印(ライブコーナーウィジェット)が表示されるので、どちらか1つをクリックして内側方向にドラッグします。すると2つの角が同時に丸くなります。


今度は、同じように左下の角を選択し、ライブコーナーウィジェットを内側方向にドラッグします。これでキャラクターの輪郭ができました。

図形の組み合わせでキャラクターロゴを作成する

手順 2/5

キャラクターの目を描く

「選択ツール」でシェイプを選択し、Altキー(Windows)またはOptionキー(Mac)を押しながら右下方向にドラッグして、複製を作ります。


複製が選択された状態で、「ウインドウ」→「変形」を選択し、「変形」パネルの「角を拡大・縮小」にチェックを入れます。バウンディングボックスの右下のコーナーポイントをクリックし、左上方向にドラッグしてシェイプを縮小します。

図形の組み合わせでキャラクターロゴを作成する

 

続いて、縮小したシェイプの中に、「楕円形ツール」で正円を描きます。さらにその中に小さな正円を描きます。これで、キャラクターの目のパーツができました。


次に、左目を作成します。「選択ツール」で目のパーツをすべて選択し、Altキー(Windows)またはOptionキー(Mac)を押しながら、右方向にドラッグして複製を作ります。選択された状態のまま、「オブジェクト」→「変形」→「リフレクト」をクリックし、ダイアログボックスでリフレクト軸が「垂直」、角度が「90°」になっているのを確認し、「OK」をクリックします。左目が反転しました。

図形の組み合わせでキャラクターロゴを作成する

手順 3/5

片方の目をアレンジする

左目のパーツにアレンジを加えてみましょう。左目の小さい円を選択し、バウンディングボックスの右上のコーナーポイントをドラッグして、円が2つ重なるように拡大します。


2つの円を選択した状態で、「シェイプ形成ツール」に持ち替えます。円の重なった部分にポインターを合わせると、パスで囲まれた領域が黒いアミ点で選択されます。その領域を、Altキー(Windows)またはOptionキー(Mac)を押しながらクリックし、そのまま右上方向にドラッグすると右上の部分も選択され、マウスをはなすと2つの領域が削除されます。これで、三日月型のシェイプができました。

図形の組み合わせでキャラクターロゴを作成する

 

「シェイプ形成ツール」は、重なり合う複数のシェイプを結合したり、削除、分割したりできるツールです。「パスファインダー」と同じような機能ですが、クリックやドラッグといった直感的な操作で簡単に複雑なシェイプを形成できます。

図形の組み合わせでキャラクターロゴを作成する

手順 4/5

キャラクターのくちばしを描く

それでは、「シェイプ形成ツール」をさらに応用してみましょう。まず、「楕円形ツール」を使って、キャラクターの輪郭の下先端に重なるように正円を描きます。輪郭と円を2つ選択した状態で、「シェイプ形成ツール」を使って輪郭の外側の領域をハイライトし、Altキー(Windows)またはOptionキー(Mac)を押しながらクリックして削除します。これで、くちばしのシェイプができました。


くちばしのシェイプは、輪郭の上に重なった状態で配置されています。この状態から、輪郭とくちばしを別のパーツとして分割します。輪郭とくちばしのシェイプを選択した状態で、「シェイプ形成ツール」でくちばしの部分を選択し、「Shift」キーを押しながらクリックします。これで、輪郭とくちばしが別のパーツとして分割されました。

図形の組み合わせでキャラクターロゴを作成する

手順 5/5

キャラクターに色を付ける

最後にキャラクターに色を付けていきます。ます、「選択ツール」で各パーツ(顔の輪郭、右目の外側の円、左目の三日月)を選択します。「ツールパネル」で「塗り」と「線」が初期設定(塗りが白、線が黒)になっていることを確認し、「塗りと線を入れ替え」をクリックします。白い部分が黒く塗られました。


最後にくちばしのパーツを選択し、スウォッチパネルから任意の色(ここでは青)を選択し、線を「なし」に設定します。

図形の組み合わせでキャラクターロゴを作成する

 

これでキャラクターロゴが完成しました。

Illustratorで作成したデータはベクター形式なので、後から編集をやり直すことができます。また、拡大縮小しても画質が劣化しないため、名刺やTシャツのデザインで活用したり、JPGなどの画像形式に書き出してSNSのプロフィール画像として使用することも可能です。

図形の組み合わせでキャラクターロゴを作成する

Illustratorの「変形」、「ライブコーナー」や「シェイプ形成ツール」は非常に便利なツールです。ここで学んだテクニックを活用し、ご自身のオリジナルのロゴなどを作ってみましょう。

 

 


[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

学生や教職員の皆様はお得な学割プラン(学生・教職員個人版)もご利用いただけます。学生・教職員個人版の詳細 ›

このページは役に立ちましたか。