フォントの選び方次第でデザインイメージや情報の伝わり方は大きくかわります。しかしがなら、「これだ!」というフォントを見つけ出すのは難しいものですね。Typekitは、ゴシック/明朝などの分類や用途などのフィルター機能により、目的のフォントを簡単に絞りこめるよう工夫された便利なフォントライブラリサービスです。
タイトル、ロゴ、キャッチなど様々なシーンで 使える!フォントサービスTypekitの紹介

 

このチュートリアルで学習できる機能やサービス

Typekit

フォント選びの重要性

個々のフォントには個性があり、その特徴によって見る人に与えるデザインイメージや読みやすさは大きく変化します。そのためフォント選びは、デザインの良し悪しを左右する重要なデザイナーの仕事のひとつといえます。コンセプトとフォントの個性を合わせることで、意図した情報が意図した通りに伝わるようデザインしましょう。

タイトル、ロゴ、キャッチなど様々なシーンで 使える!フォントサービスTypekitの紹介

Typekitの特徴とメリット、利用時の注意点

Typekitには、多くの日本語、欧文フォントが用意されていて、それらはIllustratorやPhotoshopなどすべてのCreative Cloud製品で使用できるだけでなく、Adobe製品以外のアプリケーションでも使用できます。利用方法は簡単で、しかも無料で利用できます。

もちろん、Typekitのフォントはすべてアウトライン化できるので、印刷会社への入稿も安心です。

 

[Typekitのメリット]

・1,000以上もの欧文フォントが利用可能

・デスクトップフォントとして使用可能

・Adobeのアプリケーション以外でも利用可能

・PDFへのエンベッド(埋め込み)可能

・アウトライン化もOK

タイトル、ロゴ、キャッチなど様々なシーンで 使える!フォントサービスTypekitの紹介

 

[Typekit利用時の注意点]

・パッケージ機能では収集されない

タイトル、ロゴ、キャッチなど様々なシーンで 使える!フォントサービスTypekitの紹介

 

・印刷会社へはPDFによる入稿、またはアウトライン化による入稿を推奨

※入稿前に印刷会社への事前相談をしてください。

タイトル、ロゴ、キャッチなど様々なシーンで 使える!フォントサービスTypekitの紹介

日本語フォントは34書体( 80ウェイト)以上!

フリーフォントには日本語フォントが少ないことが多いですが、Typekitには様々な用途・シーンで使える、80種類以上の日本語フォントが用意されています。

 

[レトロ・ビンテージ風フォント]

タイトル、ロゴ、キャッチなど様々なシーンで 使える!フォントサービスTypekitの紹介

 

[高級感のあるフォント]

タイトル、ロゴ、キャッチなど様々なシーンで 使える!フォントサービスTypekitの紹介

 

[チラシに最適なフォント]

タイトル、ロゴ、キャッチなど様々なシーンで 使える!フォントサービスTypekitの紹介

 

[クラシックデザインのフォント]

タイトル、ロゴ、キャッチなど様々なシーンで 使える!フォントサービスTypekitの紹介

Typekitの使い方・同期方法

Typekitは、IllustratorやPhotoshop、InDesignなどすべてのCreative Cloud製品で使用できます。ここではIllustratorでのTypekitフォントの使用方法を解説いたします。

手順1/3

IllustratorからTypekitにアクセス

Illustratorで「文字ツール」を選択し、オプションバーの「フォントファミリを設定」で「Typekitからフォントを追加」をクリックします。するとブラウザが開き、Typekitにアクセスします。

タイトル、ロゴ、キャッチなど様々なシーンで 使える!フォントサービスTypekitの紹介

手順2/3

Typekitでフォントを選ぶ

Typekitの画面右側には、絞り込み機能が用意されているのでフォントを探しやすくなっています。例えば、日本語フォントを選ぶときは、ブラウズモード「日本語」で絞り込めます。

※未ログインの場合は、画面右上の「ログイン」ボタンからログインします。

タイトル、ロゴ、キャッチなど様々なシーンで 使える!フォントサービスTypekitの紹介

 

例えば、使いやすく読みやすい日本語フォント「源ノ角ゴシック」や、エレガントな筆記体の欧文フォント「BickhamScript」は以下の絞り込み条件で探すと簡単に見つけられます。

 

源ノ角ゴシック ― ブラウズモード:日本語、分類:ゴシック

Bickham Script ― ブラウズモード:デフォルト、分類:筆記体

 

目的のフォントをクリックし、使用するウェイトの「同期」を押します。これでこのフォントをIllustratorで使用できるようになります。

タイトル、ロゴ、キャッチなど様々なシーンで 使える!フォントサービスTypekitの紹介

手順3/3

同期したフォントをIllustratorで使用する

Illustratorに戻って、オプションバーの「フォントファミリを設定」から同期したフォントを選びテキストを入力します。

タイトル、ロゴ、キャッチなど様々なシーンで 使える!フォントサービスTypekitの紹介

 

これらは、Adobe Creative Cloud 有償サービス(フォトプラン除く)のメンバーが使用することができるフォントです。フリーメンバーシップ(無料)でも、日本語4書体(17ウェイト)、欧文274書体を使用することができます。Typekit プランのアップグレードはこちら ›

 

 

[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

学生や教職員の皆様はお得な学割プラン(学生・教職員個人版)もご利用いただけます。学生・教職員個人版の詳細 ›

このページは役に立ちましたか。