Typekitライブラリは、数百種類ものフォントを利用できる機能です。このチュートリアルでは、ドキュメントで指定されているフォントの中から利用できないものを見つける「環境にないフォント」機能の使い方も説明します。

「Typekit」の名称は「Adobe Fonts」に変更されました。

09/12/2019
Rufus Deuchler
このページは役に立ちましたか。