この文書では、Adobe Illustrator の透明効果について説明します。

A. 透明効果について

Illustrator の透明効果を使うと、ベクトルオブジェクト、ビットマップ画像、文字の不透明度の設定、不透明マスクの作成などを行うことができます。これらの効果は、透明パネルを使用してオブジェクトに適用することができます。

  1. Illustrator を起動し、既存のファイルを開くか、新規ファイルを作成してオブジェクトを描画します。

  2. Step text
  3. ウィンドウ/透明 を選択して透明パネルを表示します。
  4. 透明パネルの「不透明度」オプションで、プルダウンメニューから選択するか、直接 0 ~ 100 %までの数値を入力します。

  5. 不透明度が低いほど、背面のオブジェクトが透けて見えるようになります。

B. さまざまな不透明度の設定

透明の設定は、さまざまなオブジェクトに適用することができます。初期設定では、線と塗りの両方に透明が適用されますが、オブジェクトの塗りや線、グループ化されたオブジェクト、レイヤーごとに別々に透明度を設定することも可能です。グラデーションやグラデーションメッシュ、パターンを適用したオブジェクト、個々のアピアランス、テキスト、ブラシにも透明効果を適用できます。 

B-1. レイヤーに不透明度を設定

  1. ウィンドウ/レイヤー を選択し、レイヤーパネルを表示します。
  2. ウィンドウ/アピアランス を選択し、アピアランスパネルを表示します。
  3. レイヤー名の右横の丸印をクリックして、レイヤーを選択した状態にします。

  4. アピアランスパネルでレイヤーが表示されていることを確認します。

  5. ウィンドウ/透明 を選択し、透明パネルを表示します。
  6. 透明パネルの不透明度オプションで、プルダウンメニューから選択するか、直接 0 ~ 100 %までの数値を入力します。

  7.  レイヤー全体の不透明度が変更されます。

B-2. 塗りや線など、個々のアピアランスに不透明度を設定

塗りや線のほか、テキストやブラシなどにも以下の手順で同様に不透明度を設定できます。

  1. ウィンドウ/レイヤー を選択し、レイヤーパネルを表示します。
  2. オブジェクト名の右横の丸印をクリックして、オブジェクトを選択した状態にします。



  3. ウィンドウ/アピアランス を選択し、アピアランスパネルを表示します。
  4. アピアランスパネルで、不透明度を設定する要素の「不透明度」項目を選択します。

    ※ 以下の例では「塗り」を選択しています。



  5. ウィンドウ/透明 を選択し、透明パネルを表示します。
  6. 透明パネルの不透明度オプションで、プルダウンメニューから選択するか、直接 0 ~ 100 %までの数値を入力します。

  7.  塗や線といった要素部分に不透明度が変更されます。



     

B-3. 不透明度を含んだグラデーションの設定

  1. Illustrator キャンパス上にオブジェクトを作成します。



  2. 手順 1. で作成したオブジェクト上に、別のオブジェクトを作成します。

     

  3. ウィンドウ/グラデーション を選択し、グラデーションパネルを表示します。
  4. 手順 2. のオブジェクトを選択した状態で、グラデーションパネルでオブジェクトにグラデーションを適用します。



     
  5. ウィンドウ/レイヤー を選択して、レイヤーパネルを表示します。
  6. レイヤーパネルでオブジェクト名の右横の丸印を Ctrl キーを押しながらクリックして、2 つのオブジェクトを選択している状態にします。

     

  7. ウィンドウ/透明 を選択し、透明パネルを表示します。
  8. 透明パネルの「マスク作成」ボタンをクリックします。

  9. グラデーションで黒色に近い色ほど透明度が高い状態でオブジェクトが表示されます。



C. 透明の「抜き」について

Illustrator の初期設定では、重なり合ったオブジェクトに透明を適用すると、重なり合った部分の色が透過して合成されます。透明パネルの「グループの抜き」オプションを使用すると、グループ化されたオブジェクトの要素が相互に透けないようにすることができます。

  1. Ilustrator キャンパス上に複数のオブジェクトを作成します。



  2. ウィンドウ/透明 を選択して、透明パネルを表示し、それぞれオブジェクトの不透明度を変更します。
    ※ 全てのオブジェクトに不透明度を設定すると、それぞれの重なる部分が透けて見えます。

  3. 複数オブジェクトを選択した状態で、オブジェクト/グループ を選択、または右クリックしてメニューから「グループ」を選択します。

     

  4. 透明パネルの「グループの抜き」にチェックを入れます。







    ※ 「グループの抜き」オプションが表示されていない場合は、透明パネル右上のメニューから「オプションを表示」を選択します。



  5. 「グループの抜き」を設定したグループ内のオブジェクト同士は透けて表示されなくなります。

    ※ グループ化しているオブジェクトの上に、不透明度を設定したオブジェクトを描画した場合、追加したオブジェクトと重なる部分は透けて見えます。



D. プリント時の透明の分割・統合オプションの設定

文書やアートワークに透明部分が含まれている場合は、出力するために、通常は分割・統合と呼ばれる処理が必要となります。分割・統合処理は、プリントダイアログボックスで指定した「オーバープリントおよび透明の分割・統合オプション」 の設定に基づいて行われます。PostScript プリンタでのプリントには、PostScript Level 2 以上のプリンタをご使用ください。
※ プリントダイアログボックスは、ファイル/プリント から表示します。

分割・統合プレビューパネルで、分割・統合の対象となる領域を確認することができます。

※ 分割・統合プレビューパネルは、ウィンドウ/分割・統合プレビュー から表示します。

 

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー