この文書は、Adobe Illustrator で、以前のバージョンの Illustrator と互換性のある形式で書類を保存する方法について説明します。

Illustrator 形式で保存されたファイルは、同一バージョンまたは上位バージョンの Illustrator で開くことができます。Illustrator で作成した書類を以前のバージョンの Illustrator で開く場合は、書類を以前のバージョンと互換性のある形式で保存します。

※ 以前のバージョンで保存する際の注意点については、文末の追加情報および関連情報を参照してください。

以前のバージョンの Illustrator 形式(AI/EPS)で保存する方法

Illustrator で、ファイルを以前のバージョンと互換性のある形式で保存するには以下の操作を行います。

  1. ファイル/別名で保存(Illustrator CS2 以降)またはファイル/データ書き出し(Illustrator CS)を選択します。

  2. ファイルの保存先を選択して、ファイル名を入力します。

  3. 以下のいずれかの操作を行います。

    • Illustrator CS2 以降 : ファイルの種類(Windows)/ファイル形式またはフォーマット(Mac OS)ポップアップメニューから Adobe Illustrator または Illustrator EPS を選択し、「保存」をクリックします。
    • Illustrator CS : ファイルの種類ポップアップメニューから Illustrator Legacy または Illustrator Legacy EPS を選択し、「保存」(Windows)/「書き出し」(Mac OS)をクリックします。

    ※ ここでは例として Adobe Illustrator を選択します。

  4. Illustrator オプションダイアログボックスのバージョンポップアップメニューから、互換性を持たせる Illustrator のバージョンを選択します。

    ※ 以前のバージョンは日本語版 Illustrator 3 以降が選択できます。

  5. 必要に応じて下記の設定を変更し「OK」をクリックします。

    • フォント(AI のみ)
    • プレビューフォーマット(EPS のみ)
    • オプション
    • 透明
  6. 以下のメッセージが表示された場合は「はい」または「OK」をクリックします。

手順説明の動画

追加情報 (Additional Information)

以前のバージョン用に保存した AI または EPS ファイルでは、グラデーション、レイヤー、透明などの一部の機能がサポートされない場合があります。

また、テキストがポイント文字、アウトラインに変換されるなど、文字設定が保持されないことがあります。これは、Illustrator CS から Unicode をベースにした新しいテキストエンジンが採用されことによります。Illustrator CS では新しいテキストエンジンにより柔軟なテキスト操作が可能になりましたが、CS より以前のバージョンはこの技術に対応していないため、以前の形式でファイルを保存するとテキストデータの変換が行われます。

Adobe Illustrator で文書を保存する際は、以前の Illustrator 形式以外に PDF 形式や Microsoft PowerPoint、Word、Excel、およびその他の Office 製品内での印刷、表示に最適化した PNG 形式で書き出すことができます。詳細についてはユーザーガイドおよびオンラインヘルプ、または下記の関連情報を参照してください。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー