この文書では、Adobe Illustrator CC の複合パスの一般的な概要、作成/解除、およびアピアランス調整の方法について説明します。

A. 複合パスとは

llustrator CC の複合パスとは、パスが重なり合う部分が透明に抜けて表示されるようにペイントされ、2 つ以上の複数のパスが含まれたパスのことです。

複合パスはグループ化されたオブジェクトとして動作するため、複合パスの一部を個別に選択するには、「ダイレクト選択ツール」または「グループ選択ツール」を使用します。

オブジェクトを複合パスに変換すると、含まれるすべてのオブジェクトに最背面のオブジェクトのペイントとスタイル属性が適用されます。

複合パスに含まれる各オブジェクトを変形や回転などの操作を行うことはできますが、各オブジェクトごとのアピアランス属性、グラフィックスタイルまたは効果を変更することはできません。また、レイヤーパネルでオブジェクトを個別に操作することはできません。

※ 複合パスは、レイヤーパネル内に 「複合パス」項目として表示されますが、複合パスの内容についてはレイヤーパネルに表示されません。

注意:

「複合パス」と「グループ」は、複数のパスやオブジェクトをまとめて 1 つのグループとして扱う機能という面では同じですが、別の動きを行う機能です。

B. 複合パスの作成方法

複合パスを作成するには、以下の操作を行います。

  1. 複合パスに変更するパスをすべて選択します。

    ※ ここでは「選択ツール」を使用し、複合パスに変更するパスを囲むようにドラッグして選択します。

  2. オブジェクト/複合パス/作成 を選択します。

  3. 選択した複数のパスが複合パスに変更されます。

    注意:

    複合パスはグループ化されたオブジェクトとして動作するため、複合パスの一部を個別に選択するには、「ダイレクト選択ツール」または「グループ選択ツール」を使用します。

C. 複合パス内のアピアランス調整

すべてのパスには方向があり、「楕円形ツール」および「長方形ツール」を使って作成したオブジェクトのパスの方向は左回りになります。また、「ペンツール」および「鉛筆ツール」を使ってオブジェクトを描画すると、パスの方向は描画した方向になります。

複合パスは、オブジェクトの塗りをワインディング規則または奇偶規則のいずれかに指定し、パスの方向および重なり方によって、複合パス内の透明部分/塗りつぶし部分を変更することができます。

ワインディング規則とは

パス方向に基いて、複合パスの重なる部分を透明にするか、塗りを適用するかを指定できます。ワインディング規則を利用した場合、属性パネルの「パスの方向反転をオン/オフ」ボタンをクリックしてパスの重なり合う部分を透明にするか、塗りを適用するかを指定できます。Illustrator の初期設定では、ワインディング規則が指定されています。

奇遇規則とは

パス方向に関係なく 1 つおきに透明の抜きが作成されるため、予測が簡単です。Photoshop と Macromedia Freehand の初期設定では、奇偶規則が指定されています。そのためこれらのアプリケーションから読み込まれた複合パスには、奇偶規則が適用されます。

※ 自己交差パス(自らが交差しているパス)の場合にも、ワインディング規則または奇偶規則のいずれかを選択できます。

C-1. 複合パスにワインディング規則または奇偶規則を適用するには

複合パスの塗りにワインディング規則または奇偶規則を適用するには、以下の操作を行います。

  1. 「選択ツール」で複合パスを選択します。

  2. ウィンドウ/属性 を選択して、属性パネルを表示します。

  3. 属性パネルで、「塗りにワインディング規則を使用」または「塗りに奇偶規則を使用」ボタンをクリックします。

    ※ ここでは例として、「塗りに奇遇規則を使用」ボタンをクリックします。

    注意:

    属性パネルが一部しか表示されていない場合は、右上のメニューアイコンをクリックし、「すべてを表示」をクリックすることで属性パネルがすべて表示されます。

  4. 選択した複合パスに塗りの規則が適用されます。

    ※ ここでは、「塗りに奇遇規則を使用」を選択したので、奇遇規則が適用されます。

C-2. ワインディング複合パスで、塗りや透明の領域を変更するには

ワインディング規則を適用した複合パス内の透明部分/塗りつぶし部分を変更する方法については、以下の操作を行います。

  1. ツールボックスの「ダイレクト選択ツール」を選択し、複合パスを反転するパスを個別に選択します。

    ※ ここでは、外側から二番目のパスを選択します。

    注意:

    複合パス全体を選択しないように注意してください。

  2. ウィンドウ/属性 を選択して、属性パネルを表示します。

  3. 属性パネルで「パスの方向反転をオフ」または「パスの方向反転をオン」ボタンをクリックします。

    ※ ここでは、「パスの方向反転をオフ」をクリックします。

  4. 選択したパスの方向が変更され、別のオブジェクトと重なる部分の塗りが透明に表示されます。

D. 複合パスの解除

複合パスを解除するには、以下の操作を行います。

  1. 解除する複合パスを「選択ツール」ですべて選択します。

  2. オブジェクト/複合パス/解除 を選択します。

  3. 選択した複合パスが解除され、個別のパスに戻ります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー