この文書は、Illustrator CS の基本的な使用方法を分かりやすく図解した内容となっています。

 

任意のオブジェクト (イラストや図形、写真など) に文字を回り込ませることができます。[回り込みを反転] を選択した場合は、回り込み対象オブジェクトの内側にテキストが回り込みます。

 

 

[ファイル] メニューの [開く] をクリックし、任意のファイルを開きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

オブジェクト (イラストや図形) に文字を回り込ませるには、テキストエリアを作成して文字を入力しておきます。

 

※テキストエリアの作成に関しては、以下の文書を参照ください。

 

  文書番号 224771 [基本操作] 範囲を決めて文字を入力する

 

 

 

 

 

 

 

[レイヤー] パレットで文字を回り込ませるオブジェクト (イラストや図形) が、回り込ませる文字の前面にあることを確認します。

 

※ 前面に配置されていない場合は、ドラッグして順序を入れ替えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ツールボックス] の [選択ツール] をクリックし、文字を回り込ませる オブジェクトをクリックし、選択します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[オブジェクト] メニューの [テキストの回り込み] をポイントし、[回り込みの作成] をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[オフセット] で文字とオブジェクトの間の余白を設定し、[OK] をクリックします。

 

※[プレビュー] にチェックを付けておくと、適用した設定を確認することができます。

 

※ここでは例として、[オフセット:6pt] と設定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[回り込みを反転] とは...

[回り込みを反転] を選択すると、回り込み対象オブジェクトの内側にテキストが回り込みます。

 

 

 

 

 

 

オブジェクトに文字が回り込みました。

 

 

 



本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー