内容 (What's Covered)

多数ご報告をいただいている問題と解決策について

A. トラブルシューティング/初級編

B. トラブルシューティング/中級編

C. トラブルシューティング/上級編

この文書は、Windows Vista 上で Adobe Illustrator CS3 を使用する際に発生するシステムエラーを解決するのに役立ちます。システムエラーは、例えば以下に示すようなさまざまな形で現れます。

- ダイアログボックスの空白やちらつき

- カーソルや画面のフリーズ

- ブルースクリーン

- 予期せぬ再起動

- 以下のようなエラー

  • 「"This program has performed an illegal operation and will be shut down. If the problem persists, contact the program vendor."(このプログラムは不正な操作のため強制終了します。問題が解決しない場合は、プログラムの販売元に連絡してください。)」
  • 「"Illustrator caused a General Protection Fault in module <filename>."(Illustrator によってモジュール <ファイル名> に一般保護エラーが発生しました。)」
  • 「"Illustrator caused an Invalid Page Fault in module <filename>."(Illustrator によってモジュール <ファイル名> に不正なページエラーが発生しました。)」
  • 「"Application Error."(アプリケーションエラー)」
  • 「"Unhandled exception detected. Application will be terminated."(処理できない例外が検出されました。アプリケーションを終了します。)」
  • 「"Illegal Instruction."(不正な命令)」
  • 「"Segment load failure in <filename>."(<ファイル名> のセグメント読み込みエラー)」
  • 「"Illustrator has encoutered a problem and need to close."(Illustarator で問題が発生したため、終了します。)」
  • 「"Fatal System Error"(致命的なエラー)」
  • 「"A STOP error"(停止エラー)」

システムエラーはデバイスドライバ、ソフトウェア、およびハードウェア間のコンフリクト、特定のファイルの破損など、さまざまな要因で発生します。Illustrator で作業しているときにシステムエラーが発生しても、必ずしも Illustrator が原因とは限りません。Illustrator は多くのメモリやプロセッサパワーを消費するため、潜在的なシステムの問題が現れただけかもしれません。

この文書を最大限に活用するために、以下の作業を順序どおり行ってください。また行った作業の内容とその結果、表示されたエラーメッセージの内容などを記録をしておくことをお勧めします。弊社テクニカルサポートにお問い合わせの際、それらの情報を元に、更に適切なサポート提供することができます。

この文書に記載のいくつかの手順は、管理者としてログインしてから行う必要があります。

 重要 : いくつかの手順では、ユーザアカウント制御(UAC)のダイアログボックスが表示されて、操作を続行するための許可を求められることがあります。ダイアログボックスの内容を確認し、続行するかどうかを判断してください。ダイアログボックスで [キャンセル] を選択すると、トラブルシューティングの手順を続行することはできません。

 注意 : この文書に記載の手順は Windows Vista の初期設定のインターフェースを前提として記述されています。インターフェースがカスタマイズされている場合、いくつかの操作は記載の手順とは異なります。例えば [スタート] メニューの [コントロールパネル] が、環境によっては [スタート] - [設定] - [コントロールパネル] となる場合があります。

コントロールパネルのクラシック表示への切り替え、およびその他の多くの一般的な OS の操作手順の情報については、Common Microsoft Windows Vista procedures* (TechNote kb401275)を参照してください。

多数ご報告をいただいている問題と解決策について

Adobe Illustrator が突然終了してしまう原因のひとつに長期間にわたり編集を繰り返して利用している Illustrator 書類があります。多くの場合にこのような Illustrator 書類は複数のバージョンにわたり使われ続けています。

  • 過去のバージョンで作成された Illustrator 書類
  • 保存と編集を繰り返している Illustrator 書類

解決策

こちらにつきましては Illustrator CS3 の新規書類にて再作成することで問題を回避できる可能性がありますので以下の方法を試し下さい。

  1. Illustrator 書類を開きます(ファイル / 開く...)
  2. ロックを解除します(オブジェクト / すべてをロック解除)
  3. レイヤーパネルのパネルメニューから[コピー元のレイヤーにペースト]を選択します(選択するとチェックマークが表示されます)
  4. すべてのオブジェクトを選択します(選択 / すべてを選択)
  5. コピーします(編集 / コピー)
  6. 新規書類を作成します。用紙のサイズと方向を元の Illustrator 書類に合わせます(ファイル / 新規...)
  7. 定規を表示して原点の位置を元の Illustrator 書類に合わせます(表示 / 定規を表示)
  8. ペーストします(編集 / ペースト)

 お願い1 : 使わないサンプルの削除

Illustrator にはサンプルとしてスウオッチ、ブラシ、シンボル、グラフィックスタイルが付属しています。これらはサンプルであるためお客様が作成されている作品には必要がないかもしれません。そのような場合には削除することで Illustrator 書類の容量が少なくなり、開く、保存などの作業時間が短縮できます。

  1. アクションパネルを開きます(ウィンドウ / アクション)
  2. 初期設定アクション(フォルダ)を開きます
  3. [未使用項目のパネル項目を削除]を選択します。
  4. 実行します(アクションパネルの下部にある右向の三角形をクリックします)
  5. 保存します(ファイル / [保存]または[別名で保存])

 お願い2 : 余分なアンカーポイントの検索と削除

余分なアンカーポイントとは、他のアンカーポイントに接続されていない孤立したアンカーポイントで、印刷や保存に悪い影響を与えることがあります。余分なアンカーポイントは、検索して削除することをお勧めします。

  1. すべてのオブジェクトの選択を解除します。
  2. 選択/オブジェクト/余分なポイントを選択します。
  3. 編集/カットまたは編集/消去を選択するか、キーボードの Delete キーまたは Backspace キーを押します。

A. トラブルシューティング/初級編

A-1. 必要システム構成

A-2. 最新バージョンの Illustrator をインストール

A-3. Windows Update

A-4. 環境設定ファイル

A-5. Illustrator を単独で起動

A-6. サードパーティ製プラグイン

このセクションの作業は、もっとも一般的なシステムエラーを解決するのに役立ちます。以下の作業を行う前に、作成した Illustrator ファイルなどのすべての個人用データのバックアップを取ってください。システムエラーが発生した際は、メモリをリフレッシュするために必ずコンピュータを再起動してください。再起動せずに作業を続行することによって別のエラーが発生することがあります。

一部の手順では隠しファイルやフォルダの検索を必要とし、一部の手順では、拡張子(例えば「filename.ini」ファイルの「*.ini」)をもとにファイルを検索する必要があります。Windows Vista の初期設定では隠しファイルや拡張子が非表示になっています。

以下の文書を参照し、 隠しファイルや隠しフォルダ、ファイル名の拡張子を表示します。

文書番号 cpsid_87117 隠しファイルおよび隠しフォルダーを表示する方法(Windows)

A-1. 必要システム構成

以下の文書を参照し、コンピュータが Illustrator CS3 の必要システムを満たしているか確認してください。必要システムを満たしていない場合、Illustrator が正しく動作しない可能性があります。

文書番号 6372 必要システム構成: Illustrator CS3 日本語版

文書番号 cpsid_89346 必要システム構成を満たしているか確認する方法

A-2. 最新バージョンの Illustrator をインストール

最新バージョンの Illustrator は、オペレーティングシステムやドライバとの互換性が向上している場合があります。アップデートを行う前に、コンピュータが必要システム構成を満たしているか確認してください。

Illustrator の無償アップデートは、以下の弊社 Web サイトからダウンロードするか、[ヘルプ] メニューから [アップデート] を選択します。

URL : http://www.adobe.com/jp/downloads/updates/

A-3. Windows Update

Windows のアップデートを行うことにより、パフォーマンスやアプリケーションの互換性の問題が改善される場合があります。Microsoft 社の Web サイトから Service Pack およびその他のアップデータを入手することができます。インストール方法などの詳細については Microsoft 社テクニカルサポートにお問い合わせください。

Microsoft Windows Update

URL : http://www.windowsupdate.com/

 重要 : システムアップデートをインストールする前に、Illustrator CS3 および使用するその他のソフトウェアやハードウェアの必要システム要件を確認し、互換性に問題が無いか確認してください。アップデートするバージョンが必要システム要件に含まれていない場合は、弊社、またはサードパーティ製ソフトウェアやハードウェアの製造元へお問い合わせください。

A-4. 環境設定ファイル

Illustrator の環境設定ファイルを作り直すことによって、環境設定ファイルの破損によるエラーを改善することができます。

 注意 : 環境設定ファイルを再作成すると、アプリケーションの設定が初期状態に戻り、保存されていないアクションは失われます。作成したアクションを保存するには、[アクション] パネルのパネルメニューから [アクションの保存] を選択します。

llustrator 環境設定ファイルを作り直すには、以下の操作を行います。

  1. Illustrator を終了します。
  2. 以下の場所に保存されている「AIPrefs」ファイルのファイル名を変更します。(例 : 「AIPrefs.old」など)



    Users¥<ユーザ名>¥AppData¥Roaming¥Adobe¥Adobe Illustrator CS3 Settings
  3. Illustrator を起動します。Illustrator は、起動時に新しい環境設定ファイルを作成します。

問題が解決しない場合 :

問題の原因は環境設定ファイルではありません。カスタマイズした設定を復元するには、Illustrator を終了し、新しく作成された環境設定ファイルを削除して手順 2. で変更したファイルの名前を元に戻します。

A-5. Illustrator を単独で起動

Illustrator CS3 がいくつかのアプリケーションやサービスなどとコンフリクトを起こし、問題が発生する場合があります。サービスは、他のプログラムをサポートするために特化した機能を実行するプログラムです。コンフリクトを避けるために、Windows が起動時に自動的に読み込むスタートアップ項目などを含む他のアプリケーションやサービスを無効にします。

スタートアップ項目とサービスを無効にする方法については、文書番号 cpsid_83224 システム構成ユーティリティで不要なサービスを停止する(Windows)を参照ししてください。

A-6.サードパーティ製プラグイン

Illustrator のプラグインフォルダからサードパーティ製のプラグインを移動し、その後 Illustrator を再起動します。問題が改善されない場合は、プラグインを Illustrator のプラグインフォルダに戻し、この文書の次のセクション 「B. トラブルシューティング/中級編」へ進みます。問題が改善される場合、コンフクリクトを起こしているプラグインを特定します。

Illustrator CS3 のプラグインフォルダは以下の場所にあります。

- Program Files¥Adobe¥Adobe Illustrator CS3¥プラグイン

コンフリクトの原因となっているプラグインを特定するには、以下の操作を行います。

  1. サードパーティ製のプラグインを 1 つ、「プラグイン」フォルダに戻します。
  2. Illustrator を再起動し、問題を再現します。

問題が再現しない場合 :

再度、手順 1. ~ 2. を繰り返します。

問題が再現する場合

最後に移動したプラグインの製造元にアップデートについてお問い合わせください。

B. トラブルシューティング/中級編

B-1. 低解像度モード

 注意 : Illustrator CS3 は低解像度モードで再インストールしてください。Illustrator CS3 のインストーラは Safe モード上では動作しません。

Windows の起動時に自動で読み込まれるデバイスドライバ、およびスクリーンセーバやウィルス防御ユーティリティなどのソフトウェアが Illustrator のインストーラとコンフリクトを起こす場合があります。Windows を低解像度モードで起動して Illustrator を再インストールすることにより、この問題を回避できる場合があります。低解像度モードではいくつかのデバイスドライバおよびスタートアップ項目が無効になります。

低解像度モードでの再インストールを行う前に、以下の操作を行い Illustrator CS3 をアンインストールします。

  1. 「Illustrator」フォルダ、およびそのサブフォルダから、すべての個人用ファイルをデスクトップに移動します。
  2. [スタートメニュー] から [コントロールパネル] を選択します。
  3. [プログラム] セクションの [アンインストールと変更] をクリックします。



  4. 以下のいずれかの操作を行い、Illustrator CS3 をアンインストールします。



    Illustrator CS3 単体で Illustrator をインストールしている場合

    a. 一覧から [Adobe Illustrator CS3] を選択し、[アンインストールと変更] をクリックします。







    b. [ユーザアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。(管理者ユーザでログインしていない場合は、管理者パスワードが必要となります。)

    c. [Adobe Illustrator CS3 コンポーネントの削除] を選択し [次へ] をクリックします。

    d. 画面の指示に従い、Illustrator CS3 のアンインストールを完了します。



    Creative Suite 3 から Illustrator をインストールしている場合

    a. 一覧から [Adobe Creative Suite 3 <エディション名> を追加または削除] を選択し [アンインストールと変更] をクリックします。







    b. [ユーザアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。(管理者ユーザでログインしていない場合は、管理者パスワードが必要となります。)

    c. [Adobe Creative Suite 3 <エディション名> コンポーネントの削除] を選択し [次へ] をクリックします。

    d. [インストール済みコンポーネントの削除] 画面で Illustrator CS3 以外のコンポーネントのチェックを外し [次へ] をクリックします。

    e. 画面の指示に従い、Illustrator CS3 のアンインストールを完了します。

Illustrator CS3 を低解像度モードで再インストールするには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューの [検索の開始] テキストボックスに msconfig を入力して Enter キーを押します。



  2. [ユーザアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  3. [スタートアップ] および [サービス] タブにある選択されていない項目をすべて、メモなどに記録します。
  4. [全般] タブをクリックして、[診断スタートアップ] を選択します。
  5. [適用] をクリックし、Windows を再起動します。
  6. Windows の起動直後に、F8 キーを押します。
  7. 「詳細ブートオプション」が表示されたら、[低解像度ビデオ(640x480)を有効にする] を選択して Enter キーを押します。
  8. コンピュータの DVD-ROM ドライブに Illustrator CS3 または Creative Suite 3 のアプリケーション DVD を挿入し、Illustrator をインストールします。
  9. インストールが完了したら以下の操作を行い、無効にしたスタートアップ項目とサービスを再度有効にします。
  • [スタート] メニューの [検索の開始] テキストボックスに msconfig を入力して、Enter キーを押します。
  • [全般] タブをクリックして、[通常スタートアップ] を選択します。
  • 手順 3. で記録したアイテムの選択を解除します。
  • [適用] をクリックし、Windows を再起動します。

B-2. 新規ユーザアカウント

問題が発生する際にログインしているユーザアカウントと同等の権限を持った新規ユーザアカウントを作成します。新規ユーザアカウントで問題が解決した場合、既存のユーザアカウントが破損している可能性があります。ユーザアカウントの作成方法については、文書番号 cpsid_83227 新規ユーザーアカウントの作成方法を参照してください。

B-3. UAC(ユーザーアカウント制御)の無効化

 重要 : このセクションの手順を行うことによってユーザアクセス制御が無効になります。ユーザーアカウント制御は、システムに影響を及ぼす可能性のある予期しない動作が実行されるのを防ぐための機能です。UAC を無効にすることによって、これらの通知は無効にされます。ユーザーアカウント制御を無効にした場合、また再度有効にした場合も Windows を再起動する必要があります。

UAC に関する詳細については、Microsoft 社 Web サイトを参照してください。

  1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を選択します。
  2. [ユーザーアカウントと家族のための安全設定] または [ユーザアカウント] をクリックします。



  3. [ユーザアカウント] をクリックします。



  4. [ユーザーアカウント制御の無効化または有効化] をクリックします。



  5. [ユーザアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。

    ※ 管理者アカウントでログインしていない場合、管理者パスワードが必要です。
  6. [ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる] のチェックをはずします。



  7. [OK] をクリックします。
  8. 「これらの変更を適用するにはコンピュータを再起動する必要があります。」と表示されたら [今すぐ再起動する] をクリックしてコンピュータを再起動します。

UAC を再度有効にするには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を選択します。
  2. [ユーザーアカウントと家族のための安全設定] または [ユーザアカウント] をクリックします。
  3. [ユーザアカウント] をクリックします。
  4. [ユーザーアカウント制御の無効化または有効化] をクリックします。
  5. [ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる] にチェックを入れます。
  6. [OK] をクリックします。
  7. [今すぐ再起動する] をクリックします。

B-4. ビデオカードドライバ

ビデオカードの製造元の多くは、頻繁にソフトウェアドライバのアップデートを行っています。ビデオカードドライバをアップデートしていない場合は、最新のドライバについてビデオカードの製造元に問い合わせるか、製造元の Web サイトから最新のものをダウンロードしてください。ビデオカードの製造元は、デバイスマネージャで確認することができます。

B-5. Windows Aero の無効化

Windows Aero は、Windows Vista に搭載された新しいハードウェアベースのグラフィカルユーザインターフェイスです。これは、標準のインターフェースで利用するよりも高い視覚効果(半透明表示やウィンドウアニメーションなど)を提供することを目的としています。

Windows Aero を無効にするには、以下の操作を行います。

  1. デスクトップ上で右クリックし [個人設定] を選択します。
  2. [ウィンドウの色とデザイン] を選択します。



  3. [詳細な色のオプションを設定するにはクラシックスタイルの [デザイン] プロパティを開きます] をクリックします。



  4. [デザインの設定] ダイアログボックスで、[配色] リストから [Windows Aero] 以外を選択します。



  5. [OK] をクリックします。
  6. Illustrator を起動し、問題を再現します。

問題が再現しない場合 :

Aero が問題の原因となっています。

問題が再現する場合

Aero は問題の原因ではありません。Aero を再度有効にします。

Aero を再度有効にするには以下の操作を行います。

  1. デスクトップ上で右クリックし [個人設定] を選択します。
  2. [ウィンドウの色とデザイン] を選択します。
  3. [デザインの設定] ダイアログボックスで、[配色] リストから [Windows Aero] を選択します。
  4. [OK] をクリックします。

B-6. デバイスドライバの互換性

ビデオカードドライバをアップデートしても問題を解決しない場合は、すべてのデバイスドライバが Windows Vista と互換性があるか確認します。デバイスドライバは、スキャナ、マウス、およびキーボードなどのデバイスが Windows と通信するためのソフトウェアです。最新のドライバを使用していることを確認するには、デバイスの製造元にお問い合わせください。

デバイスドライバの問題を確認する方法については、文書番号 cpsid_90815 デバイスドライバーの互換性の問題を確認する方法(Windows 7/Vista)を参照してください。

B-7. テンポラリファイルの最適化

Windows およびアプリケーションは、作業データをテンポラリファイル(*.tmp)としてハードディスク上に保存します。サイズの大きいファイルや古いファイルは Windows またはアプリケーションのパフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。

Windows に付属のディスククリーンアップユーティリティを使用するか、手動でテンポラリファイルを削除します。そして、テンポラリファイルが保存されるハードディスク上に最低でも 2 GB 以上の空き容量を確保します。ディスククリーンアップを起動するには以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [すべてのプログラム] を選択します。
  2. [アクセサリ] から [システムツール] - [ディスククリーンアップ] を選択します。

※ ディスククリーンアップの詳細については Windows ヘルプを参照してください。

テンポラリファイルを手動で削除するには、以下の操作を行います。

 注意 : この作業は定期的に行ってください。Windows やアプリケーションが終了する際、通常テンポラリファイルは自動的に削除されます。しかし、Windows やアプリケーションが正常に動作していない場合、テンポラリファイルがハードディスクに蓄積されることがあります。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [スタート] メニューから [検索] をクリックします。
  3. [高度な検索] 右側の下向き矢印ボタンをクリックします。



  4. [場所] ポップアップメニューから [すべての場所] を選択します。



  5. [インデックスのないファイル、隠しファイルおよびシステムファイルを含める] にチェックをいれます。
  6. [名前] テキストボックスに「*.tmp」と入力して [検索] ボタンをクリックします。



  7. 検索結果が表示されたら [整理] メニューから [すべて選択] を選択します。
  8. [整理] メニューから [削除] を選択します。
  9. ファイルをゴミ箱に移動するかを確認するダイアログボックスで [はい] をクリックします。
  10. 削除したくないファイルがある場合はゴミ箱から取り出し、ゴミ箱を空にします。

B-8. ページングファイル

仮想メモリによって、通常はメモリ(RAM)に保存される情報をハードディスクに保存できます。Windows Vista はページングファイルを使用して仮想メモリを管理し、また最小と最大のサイズを任意の値で設定することもできます。設定したページングファイルのサイズが Windows Vista の初期設定と異なっている場合、アプリケーションがエラーを返すことがあります。しかし、いくつかのアプリケーションでは、デフォルトと異なるページングファイルを要求する場合もあるため、他のアプリケーションに悪影響を与えない場合にのみページングファイルのサイズを変更してください。

ページングファイルをデフォルトサイズに設定するには以下の手順を実行します。

 注意 : コンピュータのページングファイルのサイズを変更する際は、管理者権限でログインしている必要があります。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [スタート] メニューから [コンピュータ] を右クリックして [プロパティ] を選択します。
  3. 画面左側のタスクから [システムの詳細設定] を選択します。
  4. [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  5. [詳細設定] タブをクリックし、[パフォーマンス] セクションの [設定] をクリックします。
  6. [詳細設定] タブをクリックし、[仮想メモリ] セクションの [変更] をクリックします。



     注意 : 次の手順に進む前に、[すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する] オプションの選択を解除してください。
  7. [各ドライブのページングファイルのサイズ] セクション [ドライブ [ボリュームラベル]]のリストから、搭載メモリの 3 倍以上の空き容量があるハードディスクを選択します。ドライブ名をクリックすると、[空き領域] に選択したドライブの空き容量が表示されます。



  8. [カスタムサイズ] を選択します。
  9. [初期サイズ] フィールドに搭載メモリ容量の 1.5 倍の値を入力します。

    ※ 例えば搭載メモリ容量が 1 GB(1024 MB)の場合は、1536 MB になります。
  10. [最大サイズ] フィールドに [初期サイズ] 値の 2 倍の値を入力します。
  11. [設定] をクリックし、[OK] をクリックして [仮想メモリ] ダイアログボックスを閉じます。
  12. [OK] をクリックし、すべてのダイアログボックスを閉じます。
  13. Windows を再起動します。

B-9. 仮想記憶ディスクの最適化

画像の編集の際にメモリ容量が不足すると、Illustrator は仮想記憶ディスクを使用します。仮想記憶ディスクとは一時的な作業用ディスクスペースです。Illustrator は、2 つの仮想記憶ディスクをそれぞれ 2 GB まで設定することが可能です。仮想記憶ディスクは、パーティションごとに設定します。

仮想記憶ディスクに指定するパーティションには、作業する画像ファイルの 3 倍から 5 倍程度の空き容量が必要です。空き容量が不足している場合は、テンポラリファイルを削除するか、またはその他の不要なファイルを削除します。テンポラリファイルの削除方法については、手順 B-7. を参照してください。

Illustrator の仮想記憶ディスクを設定するには、以下の操作を行います。

  1. Illustrator を起動します。
  2. [編集] メニューから [環境設定] - [プラグイン・仮想記憶ディスク] を選択します。
  3. [仮想記憶ディスク] セクションの [ディスク 1] ポップアップメニューから一次仮想記憶ディスクとして指定するハードディスクのパーティションを選択します。

    ※ ハードディスクが複数ある場合は [ディスク 2] ポップアップメニューから 2 つめの仮想記憶ディスクとして使用するディスクを選択することも可能です。



  4. [OK] をクリックします。

B-10. ハードディスクの修復とデフラグ

ハードディスクに不良セクタや断片化したファイルがあると、インストールの妨げとなる場合があります。Windows に付属のエラーチェックツールとディスクデフラグユーティリティ、またはSymantec 社の Norton Utilities などのサードパーティ製のディスクユーティリティを使用して、ハードディスクを修復し断片化を解消します。エラーチェックツールやディスクデフラグはそれぞれのハードディスクまたはパーティションに対して個別に実行する必要があります。エラーチェックツールとディスクデフラグツールの詳細については、後述を参照してください。サードパーティ製ディスクユーティリティの詳細については、ユーティリティに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。

エラーチェックツールは、不良セクタ、リンクの切れたアロケーションユニット、ファイルの断片、相互リンクされたファイル、および無効なファイル名を修復します。ディスクデフラグユーティリティは、コンピュータ内のファイルと空き領域を再配置して、ファイルが連続した単位に保存されるようにし、空き領域を 1 つの連続したブロックにまとめます。

エラーチェックツールを使用するには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [コンピュータ] を選択します。
  2. エラーチェックを行うハードディスクを右クリックして [プロパティ] を選択します。
  3. [<ディスク名>のプロパティ] ダイアログボックスで [ツール] タブをクリックします。
  4. [エラーチェック] セクションの [チェックする] ボタンをクリックします。
  5. [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [続行] をクリックします。

    ※ 管理者アカウントでログインしていない場合、管理者パスワードが必要です。
  6. [ディスクのチェック - <ディスク名>] ダイアログボックスで [開始] ボタンをクリックします。

 注意 : ディスクデフラグツールがディスク上の問題のあるセクタにファイルを移動しないように、ディスクデフラグツールを使用する前にエラーチェックツールを実行してください。

ディスクデフラグツールを使用するには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [プログラム] - [アクセサリ] - [システムツール] を選択します。
  2. [システムツール] から [ディスクデフラグツール] を選択します。
  3. [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [続行] をクリックします。

    ※ 管理者アカウントでログインしていない場合、管理者パスワードが必要です。

B-11. システムのウイルススキャン

最新のウイルス対策ソフトウェア(Norton AntiVirus、McAfee AntiVirus など)を使って、システムのウイルスをチェックします。ウイルスに感染すると、ソフトウェアが破壊され、システムエラーが発生することがあります。詳細は、ウイルス対策ソフトウェアのヘルプやマニュアルを参照してください。

C. トラブルシューティング/上級編

C-1. Administrator アカウントでのログイン

C-2. ユーザーフォーラム

上記の手順では問題が解決しない場合は、以下の操作を行います。

C-1. Administrator アカウントでのログイン

初期設定の管理者アカウントである「Administrator」アカウントは、一般的なローカルの管理者アカウントよりも高いアクセス権が設定されています。初期設定では、「Administrator」アカウントは無効にされています。「Administrator」アカウントを有効にしてログインする方法については、システム管理者に問い合わせるか、以下の Microsoft 社 Web サイトを参照してください。

URL : http://support.microsoft.com/kb/926183/ja

C-2. ユーザーフォーラム

弊社ユーザフォーラムを参照します。以下の弊社ユーザフォーラムで弊社製品を使用しているユーザから同じような問題が報告されているかを参照することができます。

日本情報 : http://www.adobe.com/jp/support/forums/

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー