この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

内容 (What's Covered)

この文書は、Adobe Illustrator でドキュメントが開かない場合のトラブルシューティングに使用する、コンテンツ復元モードの有効化と実行方法について説明します。コンテンツ復元モードを実行すると、テキストエディタで参照可能な、ネイティブファイル形式の構文で Illustrator ドキュメントの再保存が試みられます。これにより、不正なデータの削除が可能となり、復元が成功するとドキュメントを再度開くことができるようになります。

  重要 : この文書で紹介する手順は複雑な操作となるため、ご自身の責任において十分に注意して行ってください。また、この操作を行う前に、必ずファイルのバックアップを作成してください。

対象バージョン

A. コンテンツ復元モードを有効にする方法

Illustrator でコンテンツ復元モードを有効にするには、以下の操作を行います。

 注意 : 以下の操作では、Illustrator の環境設定ファイルを編集します。Windows では環境設定ファイルの保存場所が隠しフォルダーに設定されており、初期設定では表示されません。ファイルやフォルダーが参照できない場合は、Windows のフォルダーオプションで表示設定を変更する必要があります。設定の変更方法については、追加情報を参照してください。

Illustrator CS4/CS5 の場合 :

  1. Illustrator を終了します。
  2. 以下の場所に保存されている Illustrator の環境設定ファイルを、ワードパッド(Windows)やテキストエディット(Macintosh)などのプレーンテキストエディタで開きます。

    ※ その他のワードプロセッサアプリケーションを使用することも可能ですが、ファイルを保存する際にテキスト形式の拡張子(*txt)が付加されないよう注意してください。

    Windows Vista

    - C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Illustrator <バージョン> Settings\ja_JP\AIPrefs

    Windows XP

    - C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Adobe\Adobe Illustrator <バージョン> Settings\ja_JP\AIPrefs

    Macintosh

    - Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe Illustrator <バージョン> Settings/ja_JP/Adobe Illustrator 環境設定

     
  3. 以下のようなセクションを探します。



    /aiFileFormat {

    /PDFCompatibility 1

    enableATEReadRecovery 0

    /enableContentRecovery 0

    /enableATEWriteRecovery 0

    /clipboardPSLevel 3

    }

     
  4. 「enableContentRecovery」の値を 0 から 1 に変更します。「/enableContentRecovery」という項目がない場合は、以下の文字列を追加します。



    /enableContentRecovery 1

     
  5. ファイル名および拡張子を変更せずに、ファイルを保存して閉じます。

    ※ コンテンツ復元モードを無効にする場合は、上記手順を繰り返し行い、手順 4. で「enableContentRecovery」の値を 1 から 0 に変更します。

Illustrator CS2/CS3 の場合 :

  1. Illustrator を終了します。
  2. 以下の場所に保存されている Illustrator の環境設定ファイルを、ワードパッド(Windows)やテキストエディット(Macintosh)などのプレーンテキストエディタで開きます。

    ※ その他のワードプロセッサアプリケーションを使用することも可能ですが、ファイルを保存する際にテキスト形式の拡張子(*txt)が付加されないよう注意してください。

    Windows Vista

    Illustrator CS3 : C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Illustrator CS3 Settings\AIPrefs

    Windows XP

    Illustrator CS2/CS3 : C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Adobe\Adobe Illustrator <バージョン> Settings\AIPrefs

    Macintosh

    Illustrator CS2 : Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe Illustrator CS2 設定/ja_JP/Adobe Illustrator 環境設定

    Illustrator CS3 : Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe Illustrator CS3 Settings/Adobe Illustrator 環境設定

     
  3. ファイルの一行目に以下の文字列を追加します。



    /aiFileFormat {

    /PDFCompatibility 1

    /enableContentRecovery 1

    }



  4. ファイル名および拡張子を変更せずに、ファイルを保存して閉じます。

    ※ コンテンツ復元モードを無効にする場合は、上記手順を繰り返し行い、手順 3. で「enableContentRecovery」の値を 1 から 0 に変更します。

 

B. 復元モードの実行

破損したファイルを復元するには、以下の操作を行います。

  1. Illustrator を起動します。
  2. [ファイル] メニューから [開く] を選択します。



     警告 : 復元モードでドキュメントを開く際、手順 3. で [開く] ダイアログボックスを表示し、ショートカットキーを使用してファイルを開く必要があるため、以下の操作は行わないでください。
    • ファイルをダブルクリックして開く
    • Illustrator のアプリケーションアイコンにファイルをドラッグ&ドロップする
    • [最近使用したファイルを開く] メニューからファイルを開く
  3. [開く] ダイアログボックスが表示されたら、復元するファイルをクリックして選択し、Crtl + Alt + Shift(Windows)/Command + Option + Shift(Macintosh)キーを押しながら [開く] ボタンをクリックします。
  4. ファイルが空白の状態で開いたら、保存せずにファイルを閉じます。

上記の操作を行うと、元のファイル名の先頭にアンダースコア(_)が追加されたファイルが同じ場所に複製されます。例えば、「MyFile.ai」という名前のファイルを復元モードで開いた場合、「_MyFile.ai」という名前のファイルが複製されます。これは、破損したデータを修正するために、テキストエディタで開くことのできる復元機能を有効にしたファイルバージョンです。

追加情報 (Additional Information)

隠しファイルおよび隠しフォルダーの表示方法(Windows)

  1. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 7

    [コンピューター] を開き、[整理] メニューから [フォルダーと検索のオプション] を選択します。

    Windows Vista

    [コンピュータ] を開き、[整理] メニューから [フォルダと検索のオプション] を選択します。

    Windows XP

    a. [スタート] メニューから [マイコンピュータ] を選択します。

    b. [ツール] メニューから [フォルダオプション] を選択します。
  2. [表示] タブをクリックします。
  3. [隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する](Windows 7)/[すべてのファイルとフォルダを表示する](Windows Vista/XP)を選択します。
  4. [登録されている拡張子は表示しない] のチェックをはずします。





     
  5. [OK] をクリックします。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー