Illustrator CS4 は、パワフルなクリエイティブツールを使用して、何通りものデザインバリエーションを展開し、複雑なグラフィックを作成することができます。業界標準の描画ツールと多彩なビジュアル効果により、アイデアを思いのままにビジュアル化することが可能です。また、グラデーション状の透明効果や複数アートボードのサポートなどの新機能が、これまで以上に効率的な作業環境を提供します。

 

[ Illustrator CS4 と旧バージョンの違い ]

対応 OS

Windows 版

バージョン 対応 Windows OS
Illustrator 10 Windows 98

Windows 98 SE

Windows 2000 (ServicePack 2)

Windows Me

Windows XP
Illustrator CS Windows 2000 (Service Pack 3)

Windows XP
Illustrator CS2 Windows 2000 (Service Pack 3 または 4)

Windows XP (Service Pack 1 または 2)
Illustrator CS3 Windows XP (Service Pack 2)

Windows Vista Home Premium、Business、Ultimate (32bit 版に対応)
Illustrator CS4 Microsoft Windows XP (Service Pack 2)(Service Pack 3 を推奨)

Windows Vista Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise (Service Pack 1)

(32 bit Windows XP および Windows Vista 対応)

※ 必要システム構成に記載されている OS です。

※ OS は全て日本語版となります。

 

Macintosh 版

バージョン 対応 Macintosh OS
Illustrator 10 Mac OS 9.1

Mac OS 9.2

Mac OS X v10.1
Illustrator CS Mac OS v.10.2.4 ~ 10.3
Illustrator CS2 Mac OS v.10.2.8 ~ 10.4

(10.3.4 ~ 10.4 推奨)
Illustrator CS3 Mac OS X v.10.4.8
Illustrator CS4 Mac OS X v10.4.11‐10.5.4

※ 必要システム構成に記載されている OS です。

※ OS は全て日本語版となります。

↑ top

 

機能の違い

◎ : 対応

- : 未対応

[ 基本機能 ] 10 CS CS2 CS3 CS4
OpenType のサポート

強化
組版機能
文字スタイル

段落スタイル
字形パレット
段落コンポーザ
透明テキスト効果
パス上にテキストを配置
スマートガイド

整列パレット

変形パレット
取り消し

やり直し
グラフの作成
クリッピングマスク

不透明マスク
自動選択ツール
スポイトツール
テンプレートとして保存
ベクトル、ラスター画像のサポート
コントロールバー
スタイル

スウォッチ

ブラシ

シンボル


強化


強化
レイヤーパレット
ライブカラー機能
トリムエリアツール 
パスの編集

強化
ポイントの整列
鉛筆ツール

ブラシツール


強化
スムーズツール

消しゴムツール


強化
パスファインダツール
ペンツール

強化
透明度
ライブトレース

ライブペイント

隙間の検出
落書き効果
エンベロープツール

ライブ変形ツール


強化
SVG 効果
Photoshop フィルタ
コンテンツ

(クリップアート、ストックフォト、

テンプレート、OpenType フォントなど)


強化


(クリップアート、ストック

フォト、テンプレートは

付属しません)
Web 用に保存

強化
数のアートボード
アビアランスを 1 つのパネルで編集
色分解プレビュー
グラデーションコントロール
塗りブラシツール 
グラデーション状の透明効果 
[ 3D ツール ] 10 CS CS2 CS3 CS4
押し出し、回転
ベベル
3D オブジェクトへの画像の貼り付け
3D 照明
[ その他 ] 10 CS CS3 CS3 CS4
Kuler
PDF サポート

強化
JPEG 2000 のサポート
モバイルコンテンツ作成のサポート 
プリントインタフェイス

強化
Microsoft Office 製品との連携

強化
Flash Professional との連携
Adobe Bridge の搭載
Device Central との連携
Stock Photo 

Illustrator CS4 の新機能

複数のアートボード 

最大 100 個のアートボードを含むファイルを作成。さまざまなサイズのアートボードを重ねたり、横に並べたり、積み上げたりと、好きな方法で配置することができます。作成したアートボードは、個別に、または一括して保存、書き出し、印刷が可能。選択した範囲、あるいはすべてのアートボードを複数ページの PDF ファイルとして保存することもできます。

グラデーション状の透明効果

個々のグラデーションカラー分岐点の不透明度を設定。下にあるオブジェクトや画像を表示し、複数のレイヤーや抜き、フェードを使用して、表現力豊かななカラーやテクスチャを作成できます。

アピアランスを 1 つのパネルで編集

オブジェクトの特性を直接アピアランスパネルで編集できるので、塗りパネル、線パネル、効果パネルをそれぞれ開く必要がありません。属性を共有し、表示をコントロールすることで、すばやいレンダリングが可能になります。

塗りブラシツール

塗りブラシツールを使えば、ストロークが重なり合った場合でも、1つのくっきりとしたベクトルシェイプを描けます。さらに、消しゴムツールやスムーズツールを併用すれば、自然な描画が可能です。

直感的なグラデーションコントロール

オブジェクトに対するグラデーションを自在にコントロール。角度や位置、楕円のサイズを設定し、スライダーでカラーを追加・編集すれば、結果は瞬時に反映されます。

色分解プレビュー

予期せぬ特色や不要なオーバープリント、オーバープリントの失敗、テキストと背景の両方を CMYK ブラックに設定など、カラー出力時に予想外の結果が生じるのを防ぐことができます。

楕円のグラデーション

円形のグラデーションのサイズを設定し、好みの縦横比の楕円を作成。グラデーションのカラーおよび不透明度の分岐点はオブジェクト上で確認しながら、グラデーションの角度と位置を直接コントロールできます。

色覚異常の方に対する分かりやすさを校正確認

P型 (1 型) と D型 (2 型) の色覚異常の方にも正しく情報が伝わるようなカラーが選択されているかどうか、作成したアートワークを Illustrator CS4 の校正表示で疑似変換して確認できます。

↑ top

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー